Skip to content

タグ: 田中宗一郎

2010s(トゥエンティテンズ):第5章~MCU―――ポスト・インターネット時代の社会批評|アベンジャーズはアメリカの自己批判と贖罪が描かれている

2010sの第5章は「2010年代の映画界は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のディケイドだった。少なくともハリウッド映画に関したら、そう言いきることが可能です。」という宇野維正さんの宣言で幕を開けます。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第5章~MCU―――ポスト・インターネット時代の社会批評|アベンジャーズはアメリカの自己批判と贖罪が描かれている

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第4章~ネットフリックス至上主義/市場主義|余暇時間争奪の最終戦争がはじまっている

その長大なストーリー&ストリーミング配信というテレビシリーズのフォーマットは人々の余暇時間を埋めるのには最適な形であり、ボクも今は音楽や読書を差し置いて、テレビシリーズに余暇時間をもっとも多く使っていると感じています。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第4章~ネットフリックス至上主義/市場主義|余暇時間争奪の最終戦争がはじまっている

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第4章~ネットフリックス至上主義/市場主義|ブレイキング・バッドで感じる2010年代半ばのムード

第4章のスタートは、そうしたテレビシリーズの2010年代の口火を切った作品として「ブレイキング・バッド(2008年~2013年)」について、田中宗一郎(タナソー)さんと宇野さんの絶賛からはじまります。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第4章~ネットフリックス至上主義/市場主義|ブレイキング・バッドで感じる2010年代半ばのムード

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|ポップ・カルチャーの底力とコンテンツの非力さのコントラスト

第3章の最後は「ポップ・カルチャー」の底力と、その中身たる「コンテンツ」の非力さというコントラストが語られています。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|ポップ・カルチャーの底力とコンテンツの非力さのコントラスト

Leave a Comment

ウォッチメン|映画→テレビシリーズと観て、ちょっとしたボタンの掛け違いで現実にも起きた、起きるドラマ

緊急事態宣言下のゴールデンウィークは「ウォッチメン」を観て、ステイ@ホームしていました。

Continue reading ウォッチメン|映画→テレビシリーズと観て、ちょっとしたボタンの掛け違いで現実にも起きた、起きるドラマ

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|イリーガルを規制するよりも新たな技術とシステムを創れ

第3章の後半では本章のサブジェクトになっている「スポティファイ≒ストリーミング・サービス」の話題に触れられています。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|イリーガルを規制するよりも新たな技術とシステムを創れ

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|田中宗一郎が雑誌をやめた理由

第3章では2010年代の音楽業界の変化の中で、雑誌スヌーザーの廃刊の理由が編集長の田中宗一郎(タナソー)さんから語られます。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化|田中宗一郎が雑誌をやめた理由

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化

第3章は2010年代の音楽業界の変化の象徴として、スポティファイとライブ・ネイションについて取り上げています。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第3章~スポティファイとライブ・ネイション―――民主化と寡占化

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第2章~ラップミュージックはどうして世界を制覇したのか|発信する民衆を支えるプラットフォームとネットワークができた10年

第2章は2010年代のミュージックシーンを席捲したラップミュージックについて。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第2章~ラップミュージックはどうして世界を制覇したのか|発信する民衆を支えるプラットフォームとネットワークができた10年

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|コロナ禍の今、レディオヘッドのライブ活動を顧みる

今回のブログでは、第1章の終盤で田中宗一郎(タナソー)さんと宇野惟正さんが話した2つの興味深いテーマを記録しておきます。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|コロナ禍の今、レディオヘッドのライブ活動を顧みる

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|レディオヘッドはトップになっちゃいけなかった

2010年代のポップカルチャーのメインストリームや、そこで起きた変化を解説する本「2010s」。1周目でチェックした部分を中心に、2周目を読み進めながら感想を記録していきます。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|レディオヘッドはトップになっちゃいけなかった

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|2010年代が始まったのは2008年からだった

2010年代のポップカルチャーのメインストリームや、そこで起きた変化を解説する本「2010s」。1周目でチェックした部分を中心に、2周目を読み進めながら感想を記録していきます。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ):第1章~レディー・ガガとピッチフォークの時代|2010年代が始まったのは2008年からだった

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ)~日本社会に蔓延する根拠のない「自己肯定感」と慎重に距離を置いて考えよう

昨年末から楽しみにしていた本「2010s(トゥエンティテンズ)」の1周目を読み終えました。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ)~日本社会に蔓延する根拠のない「自己肯定感」と慎重に距離を置いて考えよう

Leave a Comment

SpotifyでPOP LIFE~インターネットの回。橘川幸夫とハンス・ロスリングと、柴さんのマーケターな視点に共感。

Spotifyのポッドキャスト「POP LIFE」の最新シリーズのゲストは毎回鉄板のアベンジャーズメンバー、POP批評三悪人の宇野惟正さんと柴那典さんがゲスト。

Continue reading SpotifyでPOP LIFE~インターネットの回。橘川幸夫とハンス・ロスリングと、柴さんのマーケターな視点に共感。

Leave a Comment

SpotifyでPOP LIFE~情報処理の回(宇野惟正の回?)。snoozerはめちゃめちゃ大きな情報源だったよ。

Spotifyのポッドキャスト「POP LIFE」の最新シリーズはミュージシャンの西寺郷太さん、ヒップホップを中心にポップカルチャーの論客として知られる小林雅明さんをゲストに迎えて、テーマは「情報処理」かな?そんな感じでのスタートでした。

Continue reading SpotifyでPOP LIFE~情報処理の回(宇野惟正の回?)。snoozerはめちゃめちゃ大きな情報源だったよ。

Leave a Comment

SpotifyでPOP LIFE~フィーメイルポップアイコンの回。男性の趣味を変えちゃう女性っていいよね。

Spotifyのポッドキャスト「POP LIFE」のフィーメイル(女性)ポップアイコンの回の最終回の放送がはじまり、週末のランニングで聴きました。

Continue reading SpotifyでPOP LIFE~フィーメイルポップアイコンの回。男性の趣味を変えちゃう女性っていいよね。

Leave a Comment