Skip to content

カテゴリー: movie

MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ3(前半)のテーマは、孤立か連帯か、監視か委譲か、全体か個人かの選択と。未来と脅威とアクティビストの想いとの折り合いのつけ方。

2010年代を終えて2020年のはじめ、たった今世界は「新型コロナウイルス」の脅威にさらされています。この状況で2010年代にアベンジャーズが描いた戦いを観返していることに価値を感じています。

Continue reading MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ3(前半)のテーマは、孤立か連帯か、監視か委譲か、全体か個人かの選択と。未来と脅威とアクティビストの想いとの折り合いのつけ方。

Leave a Comment

2010s(トゥエンティテンズ)~日本社会に蔓延する根拠のない「自己肯定感」と慎重に距離を置いて考えよう

昨年末から楽しみにしていた本「2010s(トゥエンティテンズ)」の1周目を読み終えました。

Continue reading 2010s(トゥエンティテンズ)~日本社会に蔓延する根拠のない「自己肯定感」と慎重に距離を置いて考えよう

Leave a Comment

MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ2のテーマは、見えざる脅威とシンギュラリティとの戦い。

昨年末からゆっくりと、時間をかけながらマーベル・シネティック・ユニバース(MCU)の作品、いわゆる「アベンジャーズ」を公開順に見続けています。

Continue reading MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ2のテーマは、見えざる脅威とシンギュラリティとの戦い。

Leave a Comment

MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ1のテーマは、兵器とテロと格差社会と大災害。

昨年末(2010年代のおわり)からマーベル・シネティック・ユニバース(MCU)の作品、いわゆる「アベンジャーズ」を公開順に見続けています。

Continue reading MCU:アベンジャーズで2010年代を振り返る~フェイズ1のテーマは、兵器とテロと格差社会と大災害。

Leave a Comment

SpotifyのPOP LIFEで「天気の子」~タナソウと宇野維正とファイトクラブと三原勇希

Spotifyで音楽評論家のタナソウさんの超・雑談ポッドキャスト「POP LIFE」を聴きながら走っています。

Continue reading SpotifyのPOP LIFEで「天気の子」~タナソウと宇野維正とファイトクラブと三原勇希

Leave a Comment

ゲーム・オブ・スローンズ~今更ながら最終章を観終えたのでネタバレありのレビューです

2011年から2019年の5月まで、8年に渡りシーズン8まで放送された壮大なTVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(GOT)」を遅ればせながら最後まで観終えました。

Continue reading ゲーム・オブ・スローンズ~今更ながら最終章を観終えたのでネタバレありのレビューです

Leave a Comment

映画「ボヘミアン・ラプソディ」~リリックとフレディの生き様がシンクロして背筋がゾっとした

もう半月以上前、年末の話ですが、ずっと観たかった映画「ボヘミアン・ラプソディ」をゆっくり鑑賞してきました。

Continue reading 映画「ボヘミアン・ラプソディ」~リリックとフレディの生き様がシンクロして背筋がゾっとした

Leave a Comment

映画「マネーボール」を観て~発見には決断があり、決断には後悔がある

先日、映画「マネーボール」を観ました。ブラッド・ピット主演の2011年の映画です。なぜ今更なのかは、マーケティングの勉強会のテーマだったからです。

Continue reading 映画「マネーボール」を観て~発見には決断があり、決断には後悔がある

Leave a Comment

オアシス:スーパーソニック|凡庸なボクらが共感できるヘナチョコな奴らのビッグマウスなストーリー

昨年末にoasisのドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」を観ました。

Continue reading オアシス:スーパーソニック|凡庸なボクらが共感できるヘナチョコな奴らのビッグマウスなストーリー

Leave a Comment