パラブーツ ウィリアム(Paraboot William)―― 購入から3年。リスレザーのエイジング(経年変化)の記録です。

パラブーツ ウィリアム(Paraboot William)を購入して3年が経ちました。

手元の記録では着用回数は72回。ダブルモンクストラップの比較的カチっとした表情のこの一足は、ビジネスシーンでの面談時にも気兼ねなく履いていける革靴として活躍しています。つい先日も1泊2日の出張のお供でウィリアムを選びました。しかし、2日目の午後からは浮腫んだ足のつま先が、堅牢なウィリアムのリスレザーで圧迫されて痛い痛い。。タイトフィットで選んだこのウィリアムと、同じくパラブーツのシャンボードは足の体調の具合によっては、こうしてつま先を中心に痛みが発生する日もあったりします。

3年以上履いてもこんな日もあったりして、、ワンサイズ大きい方が正解だったかな。なんて思ったりすることもありますが、エニウェイ。ウィリアムは前後ろとも2つ目のホールまで締めていたストラップを、今後は一番緩めに締めることで、履き心地が改善されないか試していきます。まだまだそんな試行錯誤もしていたりしますが、3年付き合ったウィリアムの現在の表情を記録しておきます。

目次 - post contents -

パラブーツ ウィリアム(Paraboot William)購入当初と3年後の表情の比較

パラブーツ ウィリアム Paraboot William リスレザー ブルーム ブラッシング後 全体観

最初に全体観から。左が購入当時、右が3年後の表情です。購入当初のダークブラウンから明るいブラウン、マロンカラーに近づいているようです。革質はマットな印象から控えめだけどしっとりと光る表情に変わっています。モンクストラップの位置はキュっとウエストがくびれてきました。上品な変化が感じられる一足です。

パラブーツ ウィリアム Paraboot William リスレザー ブルーム ブラッシング後 アッパー

トゥの近影です。左右ともにトゥキャップのステッチに添うように大きな履きジワが一本と、モンクストラップの手前に1本入っています。トゥキャップには小傷がいっぱい。履き始めたころからよくぶつけて、よく傷がつくこの靴です。ちょっと呪われているのかなと思っているくらい。3年履いていると、新しい傷がついてもさほど気にならなくなりました。これでこそ気兼ねなく履いていく一足です。

パラブーツ ウィリアム Paraboot William リスレザー ブルーム ブラッシング後 横顔

横顔です。トゥキャップのステッチあたりから後ろに伸びる買ったばかりのころにつけたキズ。それに加えて、今回はヒールに短く深いキズがついていました。真地の色が出てしまうくらいの深さのキズです。まいったなぁ、とは思いますが気持ち的にそんなにダメージは受けていません。横顔は購入当初はカチっとしたハンサム顔だったことを思い出します。かっちょいいですね。現在は少し齢をとったかな。

パラブーツ ウィリアム Paraboot William リスレザー ブルーム ブラッシング前 かかと

後ろ姿です。強靭なパラブーツのオリジナルラバーソールのマルシェ2ですが、購入当初と比較すると大分削れてきました。補修するのはまだまだ先で大丈夫そうですが、ちょっと気にかけて確認していきたい部分です。ノルヴェイジャン製法のコバとステッチが良く見える角度ですが、折り返して縫われた革の部分がへたっています。一方で麻のステッチはまだまだ堅牢な印象です。あまり雨の日に履いて出かける靴ではないのですが、少々の雨ならまったく問題なさそうです。

パラブーツ ウィリアム Paraboot William リスレザー ソール マルシェ2

最後にマルシェ2ソールの確認です。つま先と踵の外側の消耗が比較的早いです。また左右ともに外側の方が消耗が早いようで、ソールの凸の部分に入れらた溝が外側だけなくなっています。ガニ股歩きなんでしょうね。そんな変化はありつつも、ソールの補修や交換はまだまだ先で大丈夫そうです。パラブーツのラバーソールは堅牢です。

足の痛みを感じる日があったり、サイズ感に不安を感じるウィリアムですが、いろいろ折り合いをつけながら、これからも永く大切に履いていきます : )

パラブーツ ウィリアム(Paraboot William)に関するその他の記事

パラブーツ ウィリアム(Paraboot William)―― 購入から3年。リスレザーのエイジング(経年変化)の記録です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!

コメント - comments -

コメントする

CAPTCHA


目次 - post contents -