Skip to content

コードバンの名刺入れ~使いはじめてから5ヶ月のエイジング(経年変化)の記録です

ボクの手元にある革製品の中で唯一かつはじめてのコードバンがこげ茶色の名刺入れです。革靴好きが称賛する「革のダイヤモンド」と言われるコードバンを一度は所有してみたくて、でも革靴だともったいなくて履けなくなりそうで、ミニマムな革小物である名刺入れからコードバンデビューをしてみました。

はじめてのコードバンはダークブラウンの名刺入れ~エイジング(経年変化)を楽しみながら使います

使いはじめてからおよそ5ヶ月が経過しましたが、最初の表情からグっと変化があって愛おしさが増しています。他の革たちとはまた違うエイジング(経年変化)を見せるコードバンの購入当初と5ヶ月経過時の表情の変化を記録しておきます。

コードバンの名刺入れ~購入当初と5ヶ月経過後の表情の変化

コードバン 名刺入れ お手入れ メンテナンス

まずは5ヶ月間のお手入れの方法について。今のところメンテナンスはコットンの端布で優しく磨くのみです。ツヤツヤとした表面は皮脂によるくもりが目立ちますがそっと磨くだけで再び輝き出します。いずれはコードバン専用クリームを使って、と考えていますが、しばらくはこのお手入れ方法で進めていきます。
 

コードバン 名刺入れ ダークブラウンコードバン 名刺入れ 5ヶ月 経年変化 エイジング 表情 正面

さて変化の様子です。まずは正面から。5ヶ月を経過してツヤ感は変わりませんが、ハリ感を保ちつつも柔らかく優しい表情になってきました。フォルムも端が柔らかく婉曲し、全体的に丸みを帯びてきています。握った手の形なのか、ジャケットの胸ポケットの形なのか、自分だけのフォルムに変化してきています。
 

コードバン 名刺入れ ダークブラウン 厚さ コバコードバン 名刺入れ 5ヶ月 経年変化 エイジング 表情 厚み

横から厚みを確認します。変化の度合いが一番よくわかるアングルです。購入当初はハリが強く上蓋が浮いていましたが、5ヶ月経ってペタンと閉じるようになりました。手にも胸ポケットにも収まりがよい形になりました。
 

コードバン 名刺入れ ダークブラウン 内側 ポケットコードバン 名刺入れ 5ヶ月 経年変化 エイジング 表情 中面

開いて内側の表情を比較します。内側は牛革のキップレザーが使われています。まだほとんど変化は見られませんが、永く使うことによって濃い茶色に日焼けしてくれることを期待しています。あまり内側をさらす機会は少ないので随分先のことかもしれませんが。
 

コードバン 名刺入れ ダークブラウン 外側コードバン 名刺入れ 5ヶ月 経年変化 エイジング 表情 表面

開いた状態で表面の全体観を見てみます。購入当初は撮影している自分が写り込むぐらいツヤツヤの革質でしたが、今は深くしっとりとしたツヤに変化しているのがわかります。湾曲部もステッチ周辺もまだ美しくカサつきや削れはまったくありません。以前、ブライドルレザーの名刺入れを使っていたときは湾曲部のカサつきが汚く見えてしまっていたので、コードバンの強さ、美しさを実感します。
 
コードバン 名刺入れ 5ヶ月 経年変化 エイジング 表情 革質

最後にコードバンの革質をアップ写真で残しておきます。ツヤがあるのにしっとりしていてホレボレする革質です。やっぱりコードバンは素晴らしいなぁ。。ということで、お財布も今のブライドルレザーからコードバンに買い替えようと、以下の財布をポチっとしてしまいました。

ボクのライフスタイルに合う財布の形はL字ファスナーの長財布で、その形はそのままで。色も大好きなネイビー。そして大事な革質は、コードバンを持つならホーウィン社製じゃなければこれを選べ!という評価を目にした「新喜皮革」社製だというお財布を発見して、思わずポチっとしてしまいました。もうすぐ届きますので、改めてレビューします。

ということで、コードバンの素晴らしさを教えてくれた名刺入れの5ヶ月後のエイジングの様子でした。加えてキー&カードケースもコードバンにしたいなぁ。なんて物欲の連鎖を醸成していますが、、大切に使っていきます : )