ランニング&体調管理記録|19年11月は197km/累積は2950km。弱さを認識し、走って強化したひと月。

ランニングと体調管理の記録です。

19年11月は新規事業をスタートさせることになった仕事面で忙しく過ごしていましたが、ランニングの時間は他の余暇よりも優先して確保してひと月で197kmを走破しました。200kmまでは一歩及ばずですが、慌ただしい日々の中で我ながらよく走りました。

その背景は、前述の新規事業をはじめるにあたり各所の承認を得るためのダンドリをうまく組めなかったり、、自分の不甲斐なさを感じて落ち込みそうになったときに、走って肉体的な弱さを認識し、少しでも強化できたという実感を得て持ちこたえてきたからです。

そんな11月のランニングの記録と体の変化の記録を残しておきます。

  • ランニングの記録(Nike+ Run Clubで記録)
    • 走行距離
    • 1kmあたりの時間
  • 体重・体脂肪率の記録(multifun 体組成計で記録)
    • 体重
    • 体脂肪率
目次 - post contents -

2019年11月のランニング記録

ランニング記録_191130

ということで、11月の走破距離は197km。1kmあたりのスピードは5分30秒でした。ランニングの友は、Spotifyのポッドキャスト「POP LIFE」が半分。もう半分はAmazon Prime Musicでヒップホップやラップを流しつつ。前者はインプットのつもりで真剣に聴きますが、後者は流しているだけ。少しランニング中にぼんやりといろいろ考える時間を増やすための構成です。

村上春樹のランニング本「走ることについて語るときに僕の語ること」の以下の一節を思い出しながら、仕事で不甲斐なさを感じたことをしっかりと受け止めて、考えて。肉体だけでもほんのわずかでも強化しようと走りました。

いつもより長い距離を走ることによって、そのぶん自分を肉体的に消耗させる。そして自分が能力に限りのある、弱い人間だということをあらためて認識する。いちばん底の部分でフィジカルに認識する。そしていつもより長い距離を走ったぶん、結果的には自分の肉体を、ほんのわずかではあるけれど強化したことになる。

つらいときはお酒に逃げてしまう人も多いと思うし、ボクも少なからずそういう場面もありました。が、この11月はつらいときに「走ろう!」と思って実行できたことは心の支えになりました。良い習慣と対策だと思います。

あわせて読みたい
走ることについて語るときに僕の語ること(村上春樹)|やってきて過ぎ去っていく雲のように想いをめぐ...
走ることについて語るときに僕の語ること(村上春樹)|やってきて過ぎ去っていく雲のように想いをめぐ...ゴールデンウィークの前半に読んだ本のことです。村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」です。

2019年11月のヘルスケア記録

ヘルスケア記録_191130

体重と体脂肪の記録です。11月は両指標ともに前月とほぼ変わらずでした。寒くなって、ちょっとしたストレスも感じちゃって、ラーメンを食べることが多くなりましたが、その上でこの数値を維持しているのであればOKだと思っています。冬は多少、体に脂肪を蓄積したおいた方が良さそうですし。

そうそう。寒くて走りはじめるまでが億劫になってしまう対策のためにネックウォーマーを買いました。薄手で生地が長くて首だけじゃなくていろいろ部位を包めて汎用性があるナイキのネックウォーマーです。走りはじめてしばらくすると体がポカポカとして気持ちがよく感じる冬のランニングですが、それまで首元を温めてくれて、体が温まってからも邪魔にならないよい素材&サイズ感のネックウォーマーで気に入っています。

ということで、食べる機会、飲む機会、それから師走ということで仕事もバタバタする場面が多くなる12月も、たくさん走って体も心も整えていきます : )

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!
目次 - post contents -
閉じる