Skip to content

Gramicci(グラミチ)のショーツとChampion(チャンピオン)のT1011を着下す前に、洗濯&乾燥機にかけてタイトフィットにしました

先日買い足ししたグラミチのGショーツ。そのブログに書いたのは、コットン100%の天然繊維でできたGショーツは育てる短パンなんだなぁ。という実感です。

なぜならば、昨夏ヘビロテしたネイビーのGショーツと買ったばかりのオリーブのそれはサイズ感がひとまわり違ったいて、かつそのサイズの変化や退色による経年変化(エイジング)の様子は新品よりも穿き込んだネイビーの方がかっちょよく感じられたから。

グラミチ Gショーツ(Gramicci G-Shorts)~コットン100%育てる短パンのオリーブを買い足しました

ということで、買いたてのオリーブのGショーツのワイドなサイジングを、穿きはじめる前に少しでもいタイトなフィットにするために、洗濯&乾燥機にかけてみようと思い立ちました。せっかくなのでネイビーのGショーツと、こちらも先日買い足ししたチャンピオンT1011のライトブルーのTシャツも一緒に乾燥機にかけてサイズの変化を見たいと思います。

Gramicci(グラミチ)ショーツとChampion(チャンピオン)T1011の洗濯・乾燥前のサイズ

最初に洗濯・乾燥前のサイズを測ります。Gショーツは右足の股下とワタリ幅を測定しました。
 
Gramicci(グラミチ) ショーツ 股下 サイズ 洗濯前

股下は右足の股間のステッチの先から測ります。
 
Gramicci(グラミチ) ショーツ ワタリ幅 サイズ 洗濯前

ワタリ幅は右足のガゼットクロッチの切り返し部分の幅で測定します。新品のオリーブと、洗濯を繰り返しすでに縮んでいる状態ですがネイビーも測っておきました。

洗濯・乾燥前のサイズは以下の通りとなりました。

名前 股下 ワタリ幅
Gショーツ オリーブ 24.0cm 31.0cm
Gショーツ ネイビー 22.5cm 30.5cm

短パンですが洗濯を繰り返すと股下は1.5cmも縮むんですね。そんなところに驚きました。続いて、T1011です。身幅と着丈を測ります。
 
Champion(チャンピオン)T1011 身幅 着丈 洗濯前

こんな感じで測りました。以前にもT1011のサイズ感を測っていたので、比較のために併記します。

名前 身幅 着丈
T1011 SS ブラック 45.0cm 64.0cm
T1011 SS ピンク 46.0cm 66.0cm
T1011 SS Lブルー 45.0cm 66.0cm

上記となりました。大体同じ具合ですが、ライトブルーは身幅は小さめで着丈は長めという結果でしょうか。個体差が大きいと言われているT1011です。このようなサイズ感の比較は面白いですね。以前の記事にもこのライトブルーのサイズ感を記録して更新しておきます。

Champion(チャンピオン)T1011とGoodon(グッドオン)のピグメントダイを乾燥機にかけてサイズダウン~コットンTシャツの洗濯・乾燥による縮みの記録

さて、洗濯・乾燥前の測定も終えたので、洗濯と乾燥に移ります。

Gramicci(グラミチ)ショーツとChampion(チャンピオン)T1011の洗濯・乾燥とその後のサイズ感

洗濯はオリーブのGショーツのみ、色落ちと色移りを考慮して、洗剤を入れて13分間の洗濯と1回のすすぎを事前に行いました。その後、3枚まとめて10分コースで洗濯~すすぎ~脱水を行います。
 
Gramicci(グラミチ)ショーツとChampion(チャンピオン)T1011 洗濯

洗濯~脱水を終えた後の表情です。クタァーっとなった感じです。ここから2時間の乾燥に移ります。さて、どうなることやら。。
 
Gramicci(グラミチ) ショーツ 股下 ワタリ幅 サイズ 洗濯後 乾燥後

まずはGショーツのオリーブです。洗濯・乾燥を終えて、股下は23.5cm、ワタリ幅は30.5cmとなりました。
 
Gramicci(グラミチ) ショーツ 股下 ワタリ幅 サイズ 洗濯後 乾燥後

続いてネイビーです。股下は21.5cm、ワタリ幅は30.0cmとなりました。
 
Champion(チャンピオン)T1011 身幅 着丈 洗濯後 乾燥後

それからT1011のライトブルーです。身幅は43.0cm、着丈は64.0cmとなりました。それぞれ表にまとめておきます。

名前 股下 縮み ワタリ幅 縮み
Gショーツ オリーブ 23.5cm -0.5cm 30.5cm -0.5cm
Gショーツ ネイビー 21.5cm -1.0cm 30.0cm -0.5cm
名前 身幅 縮み 着丈 縮み
T1011 SS ブラック 44.5cm -0.5cm 63.0cm -1.0cm
T1011 SS ピンク 45.0cm -1.0cm 64.5cm -1.5cm
T1011 SS Lブルー 43.0cm -2.0cm 63.0cm -3.0cm

ということで、Gショーツのオリーブは股下、ワタリ幅ともに0.5cmの縮みでした。むしろ洗濯を繰り返しているネイビーの股下の方が縮んでいて、、やっぱり着て洗濯するごとに変化のある育てる短パンだぜ。という結果になりました。

T1011の方は身幅が2.0cm、着丈が3.0cmも縮みました。乾燥後に試着してみましたが、タイトフィットになりより好みのサイズ感になりました。

ということで、グラミチGショーツとチャンピオンT1011の洗濯・乾燥後の縮みの様子でした。両者ともにコットン100%の天然繊維だからこそ感じられる変化です。大小ありますが、サイズ感がタイトになって、より自分の体にフィットして、より愛着が増す3着となりました。愛情込めて、永く着ていきます : )