ハミルトン ベンチュラ&タイメックス ウォーターベリー ―― 夏に向けてウォッチベルトを交換

関東地方の梅雨入りが発表されました。例年よりも早い梅雨入りだそうで。。先日、梅雨入りに先駆けて、そして梅雨明け後の真夏の季節に向けて愛用する2本の時計のウォッチベルトを夏用に交換しました。基本はレザーベルトを着けておきたいのですが、多汗な季節には汗による革へのダメージを考慮して、メタルバンドやNATOベルトに交換します。

現在、ボクの主力の2本は「ハミルトン ベンチュラ(Hamilton Ventura)」と、「タイメックス ウォーターベリー(Timex Waterbury)」です。前者はウィークデイに、後者は週末に息子のサッカー観戦の際に身に着けることが多いです。両者ともにレザーベルトをつけていたので、それぞれ夏向けのベルトに交換します。
 

ハミルトン ベンチュラ&タイメックス ウォーターベリー ―― 夏に向けてウォッチベルトを交換

外したレザーベルトはエム・モウブレィのアニリンカーフクリームを使って汚れ落としと保湿をしました。涼しくなったらまたレザーベルトに付け替えられるように、革製品はしばらく使っていないとカビが生えてしまったりするので、油断せずに秋まで良い状態で保管できるようにメンテナンスです。それぞれ、夏用ベルトに付け替えた2本の様子を記録しておきます。

目次 - post contents -

ハミルトン ベンチュラ(Hamilton Ventura)―― 蛇腹フレックスベルトへ付け替え

ハミルトン ベンチュラ(Hamilton Ventura)―― 蛇腹フレックスベルトへ付け替え

黒のリザード型押しレザーのDバックルのストラップから、ステンレス製の蛇腹フレックスベルトへ付け替えです。フレックスベルトはガバっと伸ばして手を入れるだけなので装着がとても簡単。毎朝1秒で時計を着けて出かけることができます。メタルベルトにありがちな重厚感もなく、暑い真夏でも軽やかな着け心地です。日焼けした左腕にもまぁ、似合うのではないでしょうか。夏はこんな様子でメインで着けていきます。
 

ハミルトン ベンチュラ(Hamilton Ventura)夏仕様 ベルト

TIMEX(タイメックス)ウォーターベリー Red Wing Shoe Leather ―― NATOベルトへ付け替え

TIMEX(タイメックス)ウォーターベリー Red Wing Shoe Leather ―― NATOベルトへ付け替え

続いてタイメックスです。レッドウィングレザーのベルトが特徴である一本ですが、そんな最大のチャームであるベルトを今回交換します。選んだのは新たに購入したオリーブカラーのNATOベルトです。NATOベルトはこれまで何本も着けてきましたが、今回のこの1本はとても気に入っています。厚さ1.5mmのバリスティックナイロン製ですが、柔らかくてしっとりとした光沢が感じられる生地で、着け心地も見た目もとても良いです。NATOベルトはチープな感じも良いのですが、こいつはチープ感はありません。値段も安いので、色違い・柄違いで購入しても良いかなと思うくらい。そんな交換する機会はないのに。。
 

TIMEX(タイメックス)ウォーターベリー Red Wing Shoe Leather 夏仕様 NATOベルト

今年の梅雨時~真夏は、半袖の左手首にこの2本を着けて迎えようと思います。バリスティックナイロンのNATOベルトはエイジング(経年変化)も期待できるかもですね。汗を恐れることなく、この夏を過ごします : )

ハミルトン ベンチュラ&タイメックス ウォーターベリー ―― 夏に向けてウォッチベルトを交換

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!

コメント - comments -

コメントする

CAPTCHA


目次 - post contents -