ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート(nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat)|家で洗濯後のエイジング(経年変化)の様子です

年末よく着たナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート(nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat)を家の洗濯機で洗ったので、その洗濯後のエイジング(経年変化)の様子を購入当初の表情と比較して記録しておきます。

ゴアテックスがボンディングされた防風透湿の薄手のコットン生地であることと、Aラインのステンカラーというベーシックなフォルムであることが相まって、何にでも合わせやすく登板頻度が高いこのコート。特に今年は暖冬であることと、バブアーやクルーザージャケットよりもこの形が「今の気分」に沿っていて、一番よく着ているアウターです。

初頭から年末まで、本当によく着て少し草臥れた表情になっていたので、家の洗濯機で洗いました。こうして家で気軽に洗えてしまうのもコットンゴアテックスのコートのメリットであり、当番回数が増える要因でもあります。めっちゃ着やすいので、色違いでタン(ベージュ)カラーも欲しくなってきています。

購入から3年目を迎え、家での洗濯も3回目ぐらいかな。着込むごとに洗濯するごとに、丁寧に裏地に施された止水テープによるアタリが表面のコットンに刻まれて、自分色にエイジングされていくところが、いろいろあるこのコートのメリットの中でも一番の特長です。その様子を記しておきます。

目次 - post contents -

ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート(nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat)|3年目の洗濯の後のエイジング(経年変化)の表情

ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat 3年目 洗濯後 エイジング 経年変化 全体観

最初に全体観です。左側が購入当初で右側が3年目の洗濯の後の表情ですが、洗濯後に天日干しをした後の生地感はなんだか購入当初よりもハリがあるように見えます。パリっとした表情は週末のジーンズにも、ウィークデイのスラックスにも万能にコーディネートができます。とはいえ、細部に目をこらすとポケットや襟のステッチ周辺にはウネウネとしたアタリがついているのが見えてきます。この辺りをアップで見てみます。
 

ナナミカのゴアテックス ステンカラーコート 襟口ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat 3年目 洗濯後 エイジング 経年変化 襟元


襟元と肩口周辺のアップの写真の比較です。ここまで寄って見てみると、襟元のステッチや肩口の袖の付け根のステッチ周辺のアタリがよく見えてきます。ボクにとっては好ましい、よい変化です。
 

ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat 3年目 洗濯後 エイジング 経年変化 背中


背中です。縫い合わせる部分が何本も通っていてエイジングの進行が分かりやすい部位です。ステッチ周辺と裏側に貼られた止水テープのアタリが良くわかります。ボクはリュックを背負うことが多いので、背中や肩口のエイジングは激しめです。

汚れを落として生地のハリを取り戻し、加えて好ましいエイジングを誘発する洗濯は、コートをたたんで洗濯ネットに入れ、おしゃれ着用洗剤と一緒に洗濯機に放り込んで、時間短めの10分コースで洗濯・脱水し、エキストラでもう10分脱水をかけるだけで終了します。

気持ちよく、気兼ねなく着て。洗濯も家で簡単にできる。ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコートは永く愛用できる要素が詰まっています。やっぱり色違いを購入しようかな。もしそうなったとしても、それもこれも含めて、大切に永く着ていきます : )

追記)擦れや破れはナナミカ(nanamica)の直営店で修理・補修してくれます

たくさん着て、洗濯して。エイジングを楽しんでいるナナミカ ゴアテックス ステンカラーコートですが、少しだけ気になっている部分があって、それは袖口の擦れや破れです。ハリのあるゴアテックス素材がボンディングされているので、表地のコットンがそのハリに耐えられずに破れてきています。
 
ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat エイジング 経年変化 修理 補修 直営店 擦れ 破れ

まだ許容範囲ですが、あまりにもみっともなく破れてきてしまったら補修する方法があるのかしら。と心配していましたが、前日代官山のナナミカの直営店に伺ったときに確認しました。擦れや破れは持ち込めば工場に送って補修・修理をしてくれるそうです。

補修の方法は袖口の破れた部分の上からコットン地を被せて縫うということなので、袖口に厚みが出てしまうことと、袖口だけ色味が変わってしまうことを了承ください。とのことでした。金額は補修箇所を工場で確認してからでないと見積もれないとのことでしたが、びっくりするような価格ではないですよ。だって。

エイジングを楽しみながら永く着たいと思っているファブリックなので、こうしてメーカー直営店で補修・修理してくれるサービスがあると安心します。ますます違うカラーを色ち買いしたくなりました : )

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!
目次 - post contents -
閉じる