Skip to content

ホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダー(Whitehouse Cox KEY FOB DERBY COLLECTION)|携帯用のシューホーン(靴べら)として購入

機能面でも見た目でも、革靴好きを満足させてくれるホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のシューホーン(靴べら)を購入しました。

革靴好きではありますが、オフィス内ではムレや足の浮腫み対策として、デスクに座っているときにはなるべく革靴を脱いで革のサンダルに履き替えています。そして、脱いだらサっと履けるようにこれまでは真鍮製のシューホーンを持ち歩いていました。が、そのシューホーンのキーホルダー部分が壊れてしまって、新しいものを探していました。

リサーチしていると金属製のものと革製のものがあるようで、ならばシューホーンでもエイジング(経年変化)が楽しめるものが良いと思って革製に。せっかく革製ならばと、先日メッシュベルトを購入して満足して使っているホワイトハウスコックスのシューホーンに決めました。

ホワイトハウスコックス メッシュベルト(Whitehouse Cox P1127)~10年使えるベルトを購入

興味を惹かれる部分はいろいろあって。一つはコードバンではありませんが「馬革」であること。どんなエイジングを見せてくれるのか楽しみです。次はサイズ感。小さいサイズなのでシューホーンとしては使いづらいというレビューも見かけましたが、キーホルダー感覚でバッグにつけておくのにデザイン的にはばっちりなサイズ感です。そんな期待を込めて購入したホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダーの購入当初の表情を記録しておきます。

ホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダー(Whitehouse Cox KEY FOB DERBY COLLECTION)購入当初の表情

ホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダー(Whitehouse Cox KEY FOB DERBY COLLECTION) ロゴ

まずは表面から。カラーはブラックです。ホワイトハウスコックスのロゴがエンボスで描かれていてアイデンティティをくすぐります。内側に綿か何かが詰まっているようでフカフカと膨らんでいます。この辺りもシューホーンとして使うごとに自分の踵のサイズに変形していって、より履きやすく変化していくものだと思います。
 
ホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダー(Whitehouse Cox KEY FOB DERBY COLLECTION) 裏面

裏面です。カラーはタンです。こちら側には「HORSE HIDE」と馬革であることと「DERBY COLLECTION」というシリーズ名が描かれています。使用時にはこちらを踵側に向けて、上のリングに人差し指をひっかけて靴に滑らせて履いていきます。シューホーンとしては使いづらいというレビューを見かけましたが、ボクはストレスなくスムーズに使えています。前述の通り、使用を繰り返すことで自分の足の形に馴染んでさらに使いやすくなっていくと思います。
 
ホワイトハウスコックス ホースハイド キーホルダー(Whitehouse Cox KEY FOB DERBY COLLECTION) カラビナ 持ち歩き

こんな形でカラビナを使ってバッグにぶら下げるように携帯しています。小ぶりなサイズなので、ちょっとしたアクセントとしてもかっちょいいと思っています。利便性とデザイン性を兼ね揃えた革小物を手に入れて満足しています。どんな風にエイジングしていくのかも楽しみつつ、永く使っていけるようにします : )