Skip to content

カテゴリー: books

アイデア発想は、業種・距離・時間が遠いコラボレーションを考える

稼ぐ「デザイン力!」では、ヒットを生むため、差別化や付加価値をつけるために、組織としてデザインに対してどのような戦略を持つべきかを、アップル、トヨタ、ニンテンドー、ディズニーランドなど、デザインで市場を牽引する企業の事例をもとに解説しています。

Continue reading アイデア発想は、業種・距離・時間が遠いコラボレーションを考える

1 Comment

携帯電話のストラップは○○嬢の一言でオシャレになった

携帯電話のストラップに「デザイン」をはじめて施したのは、台東区千束三丁目にある靴ひもメーカーでした。この千束三丁目は別名「吉原」と呼ばれています。

Continue reading 携帯電話のストラップは○○嬢の一言でオシャレになった

Leave a Comment

「サランラップ」は、開発者の妻「サラ」と「アン」が名前の由来である

「新しい市場のつくりかた」では、新しい市場のつくりかたの一例として、顧客の声の聴き方の事例としてエピソードが使われる「ドリル穴」の話を元にこんな説明があります。

Continue reading 「サランラップ」は、開発者の妻「サラ」と「アン」が名前の由来である

Leave a Comment

新市場の開発は「技術開発」ではなく「文化開発」が大切だ

「新しい市場のつくりかた」の冒頭では、新しい市場開発は「技術開発」にとらわれがちだけど、真に大切なのは「文化開発」であると説いています。

Continue reading 新市場の開発は「技術開発」ではなく「文化開発」が大切だ

Leave a Comment

長期的なお客さまとの関係構築の過程を「AMTUL(アムツール)」で確認しよう

消費者の購買決定プロセスは、時代を経ながらたくさんのモデルが唱えられています。その中で、水口健次氏が提唱するAMTUL(アムツール)は、商品やサービスと接触するというアクションの後を「使用経験」「現在利用」「愛用固定」と段階を分けて考えるのが特徴です。

Continue reading 長期的なお客さまとの関係構築の過程を「AMTUL(アムツール)」で確認しよう

Leave a Comment

星とレゲエの島~大真面目なおバカさを許容できるカリブの島

ボブ・マーリィが陽気なリズムにのせて唄うのは、ジャマイカの現状をリアルに唄った詩であることを知ったとき。裏打ちのハートビートはご機嫌に感じるけど、そこに込められた想いは切実ではかないのです。

Continue reading 星とレゲエの島~大真面目なおバカさを許容できるカリブの島

Leave a Comment

成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか~一枚の写真が企業の運命を決める

文字で埋めていたところを写真に置き換えたらどうなるか?そのシンプルな問いかけだけでハッとさせられる。スマートフォンでのリッチで、でも限られたモニターの中でコミュニケーションするスマホネイティブな若者たちのコンテンツは写真+ショートメッセージが主流だそうです。

Continue reading 成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか~一枚の写真が企業の運命を決める

1 Comment