Skip to content

Trickers Bourton Acorn Antique(トリッカーズ バートン エイコーン アンティーク)|エスプレッソを検討していたのに、、急転直下思い切ってエイコーンを購入

少し前からトリッカーズのバートンが気になっていて、いろいろ調査するうちにその魅力は増すばかりで、、。先日のブログではボーナスが無事に入ったらエスプレッソカラーを買うんだと、意気揚々と宣言をしていました。

冬のボーナスで買いたい靴は。。Trickers Bourton(トリッカーズ バートン)のエスプレッソかな。決めてはやっぱりエイジングへの期待。

縁とかめぐり合わせというものは不思議なもんで、12月まで楽しみに悩みます。なんて言った矢先にトリッカーズの期間限定セールを発見して。。これが11月23日~25日の3日間限定で、きっとこれ以上は値下がりしないだろうというぐらいリーズナブルな価格設定だったりして。

まったくなんて憎たらしいタイミングなんだと苦笑いしながら、ポチっとボタンを押そうとしました。が、あれ?心に決めていた短靴のバートンのエスプレッソはセールの対象になっていない。ブーツのモールトンのエスプレッソはセール対象なのに。

エスプレッソの色合いに心奪われてトリッカーズの魅力に気付いたのに、他の色を買う手はないな。と一旦は冷静にブラウザを閉じました。が、ちょっと待って。いつかは欲しいと言っていたエイコーンはセールの対象だなと。

でも、エイコーンは鮮やかな明るい黄色がビジネスシーンでは履きづらいから場面が限られちゃうと自分で言っていたよね。いや、でもブラックや濃いめのブラウンばかりの革靴のラインナップだから、そろそろ鮮やかなカラーに冒険してみてもいいんじゃない。とか。この脳内会議に1日だけ時間を使おうと、3連休の中日にいろいろな用事を片付けながら、ちょいちょいブログやインスタを見ながらトリッカーズのエイコーンカラーの履きこなしの様子をチェックしました。

その結果、ポチっと購入を決めるわけですが。背中を後押ししてくれた先人たちのトリッカーズ エイコーンからの履きこなしを残しておきます。

Trickers Acorn Antique(トリッカーズ エイコーン アンティーク)のカッチョいい履きこなしのメモ

なんとも上品な履きこなしです。ジャケパンの足元でも違和感なく履いていけるのではないかと、そんな勇気をもらえる足元の雰囲気です。
 

これも比較的カチっとした装いの足元だと想像できます。ダーク系のスーツ、もしくはスラックスでも大きな違和感を感じさせずにトリッカーズのエイコーンカラーを合わせられるという実感がわいてきます。
 

この写真を見て、自分の革靴のラインナップを思い出して。ここに写るトリッカーズのエイコーンカラーのように、そろそろ他の靴と一線を画す鮮やかな色にチャレンジしてみてもいいんじゃないかと考えました。
 

そしてこのエイジング(経年変化)の様子が美しくて。先日はエスプレッソのエイジングの様子に惚れて購入の検討をはじめましたが、その退色の様子とはまた違って、エイコーンは淡かった色に深みが足されていくような変化を見せてくれるようです。

そうそう、ここまできて「Acorn(エイコーン)」ってどんな意味だろうと気になって調べたら「どんぐり」という意味なんですね。なるほど、秋の入り口のまだ淡い色のどんぐりのような色合いで。履きこむごとに深みを増して、晩秋のどんぐりみたいにいずれなるんだろうなと。その意味と変化の様子に腹落ちしました。

さて、まだ手元に届いていない「トリッカーズ バートン エーコンアンティーク」ですが、自分なりにチャレンジしたこの選択にちゃんと満足できるでしょうか。最初はいろいろ想うことは出てくると思うけれど、愛情込めて永く履いていけば、きっと満足できる相棒になると思います。初対面を楽しみに待ちます : )