ラコステ ジャパラコ(LACOSTE L1212A)|ワニのポロシャツ7匹目は日本生まれ。フランス規格とのサイズ感の違いは?

すっかり涼しくなってしまい、ポロシャツ1枚で出歩くには寒くなってしまいましたが、、先日この夏最後のワニのポロシャツを捕獲しました。7枚目です。

これまでの6枚は通称フララコ(L1212)と呼ばれるフランス規格を選んできましたが、7枚目は日本製(L1212A)にしました。6枚を着てみて感じたのは、フララコはサイズ感に関して個体差が大きく、ボクの理想のシルエットで着れる1枚もあれば、着丈・身幅がちょっと大きいなぁ。と感じる1枚もあります。まぁ、前提として洗濯・乾燥機に入れて縮ませてから着ているので、個体差がでるのが当たりまえですが。

コットンファブリック(チャンピオンT1011、ラコステ、グッドオン、グラミチ)のエイジング(洗濯・乾燥による経年変化、縮み)状況のまとめ【保存版】

一方、ジャパラコはネット上のオピニオンを探すと、フララコよりも一回り小さく、日本人の体形に合わせているとのことだったので、それなれば乾燥機で縮ませる必要もないかな。と理想のサイズ感を求めて購入です。

目次 - post contents -

ラコステ ジャパラコ(LACOSTE L1212A)のサイズ感

ラコステ ジャパラコ リュイソー L1212A

全体観はこんな感じ。サイズは「2」です。カラーはリュイソーという薄い水色です。このカラーはネイビーでも、カーキでも、オリーブでも、どんなカラーのパンツにも良く合い、主張も淡いのでビジネスカジュアルな装いにもバッチリで気に入っています。さて、大切なサイズ感は。。
 
ラコステ ジャパラコ リュイソー L1212A 未洗い サイズ

身幅が46.0cm、着丈が68.0cm。フララコとの比較は個体差レベル!ということで、期待通りにはいきませんでした。ジャパラコの方がタイトだというオピニオンも個体差の範囲内の状況だと思います。フララコの各個体のサイズ感は以下のリンク先で一覧化しています。サイズ感以外はボクはちゃんと見ていませんが、襟の形やワニのロゴのあしらいにフララコとは違いがあるそうです。さて、このままのサイズ感ではボクの理想のサイズよりも大きいため、これまでのフララコのように洗濯・乾燥を行います。

コットンファブリック(チャンピオンT1011、ラコステ、グッドオン、グラミチ)のエイジング(洗濯・乾燥による経年変化、縮み)状況のまとめ【保存版】

ラコステ ジャパラコ リュイソー L1212A サイズ 洗濯 乾燥 縮み

洗濯・乾燥後のサイズ感は、身幅が43.0cmと3.0cm縮み。着丈が67.0cmと1cmの縮みとなりました。身幅が大きく縮んで7枚のポロシャツの中で一番タイトなサイズ感になりました。この辺りが理想的なサイズかも。ジャパラコも未洗いの状態では期待通りのサイズ感とはいきませんでしたが、ひと手間かけて理想的なサイズ感になりました。

個体差が大きいので、今後はフララコでもジャパラコでも、どちらでもOKという感触です。とはいえ、ラインナップが7枚になったので、しばらく追加はいらないかな。永く着ることができる普遍的なデザインのポロシャツです。個体差も含めて、愛して永く着ていきます : )

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!
目次 - post contents -
閉じる