Skip to content

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック|購入から1年。エイジング(経年変化)の様子とお手入れ方法を紹介。

形状と機能、素材と容量の大きさに拘って選んだ「バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック」を購入してから1年ほど経ちました。ノートPCとタブレット、重たい資料を持ち運ぶ出勤時にはだいたいこのバッグを背負って出かけます。ウィークデイはほぼ毎日、週末もなかなかの頻度で持ち歩いたバッグです。

お手入れは3ヶ月~4ヶ月に1度ぐらいでしょうか。帆布部分は水拭きとグリーンランドワックス(蜜ロウ)を使ってパラフィン加工を。レザー部分はデリケートクリームでの保革と、色落ちが目立つときにはカラークリームで補色もしています。今回も春の雨にやられて、少し草臥れた表情になっていました。

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 お手入れ前

帆布部分はくすんで白みがかった黒に。レザー部分は乾燥して嫌なテカりが出ているのと、小傷と退色も目立ちます。こちらをフルメンテナンスして、購入から1年なので購入当初の表情と比較して、エイジング(経年変化)の様子を記録しておきます。

グリーンランドワックスとヒートガンを使ったパラフィン加工&メンテナンスの動画

パラフィン加工&メンテナンスの様子は以前にタイムラプス撮影した動画をご覧ください。パラフィン加工することで日々の使用時に水や汚れから守ってくれることに加えて、グリーランドワックスを塗り込むことで、ロウが浸透した生地は見た目には濃い鮮やかな黒に、生地感にはハリが出て、生地が生き返るような効果を見せてくれます。

このバッグではじめてチャレンジした帆布のパラフィン加工ですが、バブアーのオイルリプルーフよりも手軽で簡単で、でもとてもよい効果を発揮してくれています。

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック~購入当初と1年後の表情の比較

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック 前面 全体観バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 1年 全体観

まず正面から見た全体観です。左が購入当初、右が1年後の表情です。こうして見ると、購入当初はハリがあり、帆布もレザーの色もマットな雰囲気でかっちょいいですね。1年後、エイジングした表情はちょっと草臥れていて、レザー部分にはテカリが見えますが、これはこれで味があると思っています。
 

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック ストラップ トートバギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 1年 帆布 キャンパス

次に帆布の部分をアップで見てみます。パラフィン加工直後の表情なので、色味、ハリともに購入当初とあまり変わらない表情になっています。ちょっとロウが浮いて白い線が入っている部分がありますね。ヒートガンでの熱入れをもう少し念入りにするべきでした。
 

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック オイルレザー ポケットバギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 1年 レザー

レザーの部分のアップです。購入当初のマットな革色から光沢ある表情に変わっています。革靴だとこのクリーム塗布後の光沢感がカッチョいいのですが、バッグの場合はテカリを抑えた方がいい雰囲気なのでは。と思いました。メンテナンス用品を靴とは変えてみようかな。。
 

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック 裏面 全体観IMバギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 1年 背面 裏面

背面・裏面の比較です。帆布部分の変化は少ないです。背面も正面よりは少ない量ですが、パラフィン加工をしています。レザーのストラップはシワが増えました。デリケートクリームで保革していますが、仕方がない変化ですね。
 

バギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック オイルレザー 底面IMバギーポート(Baggy Port)帆布×オイルレザー 2wayリュック エイジング 経年変化 1年 底面

底面の表情の比較も残しておきます。こちらもパラフィン加工済み。4つのビスの効果もあって、底面に目立った傷はありません。

1年経って変化もありますが、愛着を感じていますし、これからも毎日大切に使いたいバッグです : )