Skip to content

パラブーツ ランス(Paraboot Reims)|ボリュームあるローファーが次に欲しい革靴

昨年末には明るいドングリカラーのブローグシューズを。今年のはじめにはシュっとしたタイトなフォルムのローファーを。革靴のラインナップに加えて、これで必要十分。当分は革靴を買うことはないだろうな。とつい最近までは考えていました。
 
当ブログGreenのInstagramの「#足元倶楽部」の写真まとめ~必要十分な足元のライナップが揃いました

Jalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)98589【USED】を購入~気兼ねなく履けるネイビーのコインローファーを手に入れてお手入れ

でもやっぱり、人の欲というのは限りがないようで。また新たな革靴が欲しくなってきました。ボクの一番のお気に入りブランド「パラブーツ(Paraboot)」の重厚感あるコインローファー「Reims(ランス)」です。

ランスは大好きなブランドの定番の型なので、もちろんずっと前から知っていました。でも、シュっとしたローファーを直前で購入していることからもわかるように、最近までボクの触手がランスに伸びることはありませんでした。むしろ、同じパラブーツのローファーでスタイリッシュなフォルムの「アドニス」を検討するぐらいで。まったく不思議なもんです。今はこのぽってりとしたボリュームあるランスで足元を飾りたい。

今月末にはボーナスが控えているので、衝動のままに買ってしまう。というのもアリですが、ちょっと一旦冷静になるために、ランスを履きこなしている先輩たちのインスタを眺めながら、決断までの猶予期間を持たせたいと思います。
 

今の季節、フットカバーにローファーでくるぶし見せて履くのが最高です。テーパードパンツにシュっとしたローファーが直近までのそんな足もとのイメージでしたが、ストレートパンツに重厚なランスという足もとも魅力に感じます。
 

短パンにランス!このバランス感もたまらないです。短パンの定番「グラミチショーツ」は、細身のNNショーツからワイドなGショーツへとボクの好みが移ってきました。ワイドな短パンの足元にはランスぐらいボリュームあるローファーがフィットしそうです。

今年の短パンはグラミチ Gショーツ(Gramicci G-Shorts)~サイズ感と何よりコットン100%の天然繊維に拘って、通算3枚目でNNショーツから卒業しました

春夏にくるぶし出して合わせるだけじゃなく、寒い季節でもロングソックスに合わせて履いても絵になりますね。ジーンズとの相性もワーク感が出てとてもいい感じです。
 

シャンボードとの2ショット。いい感じです。シャンボードはマロンを履いているので、ランスを買うならばこの写真のようにノワール(黒)を選びたいと今は思っています。ランスの先輩たちの履きこなしを見てしまうと、欲しい気持ちにドライブがかかってしまいます。が、もう一拍おいて、楽しく悩みながら考えます。

実はランスの写真を眺めている中で目に留まった汎用性抜群の「アヴィニョン(Avignon)」も気になっています。アヴィニョンならば大分カチっとしたビジネスシーンでも対応ができて履ける場面がグンと広がりそうです。今の気分はランスだけど、ボクのラインナップの中ではストレートチップのサンダースと並んでビジネスの場面でも気を遣わず履けるアヴィニョンの方をラインナップに加えた方がバランス良くなるかも。なんて。

やっぱり楽しく悩んでいるので、しばらく検討期間とします : )