Skip to content

Moto360 2ndGen|ヘタれてきたので&夏に向けて、2種類のウォッチベルトをAmazonでまとめ買い

ちょうど1年前に手に入れて、憧れてはいるけれど手に届かない有名ブランドのウォッチフェイスをいろいろ入れて楽しく身に着けているのがスマートウォッチの「Moto360」です。

ミニマルでマットなフェイスのベゼルとウォッチベルトのデザインもお気に入りで、ビジネスでプライベートでTPO問わずに身に着けることができます。なんと厚みのあるウォッチベルトはコードヴァンやクロムエクセルで有名なホーウィン社製だそうで、そんな背景もお気に入りの一因でした。

スマートウォッチ「moto360」に有名ブランドのウォッチフェイスを入れて遊んでいます~ダウンロードしたフェイスとWatchMakerの使い方

そんな感じで毎日つけて歩いていて、かつ最近の暑さで時計周辺に汗をたっぷりかいたりして。。重厚感あるウォッチベルトにもダメージが重なり、ヘタってきたり、コバの部分がはがれてきたりしました。それも経変変化の味だぜ。なんて気持ちも半分持ちつつ、AmazonでMoto360用のウォッチベルトを探してみるとお値打ち価格でよさそうなものが販売されていたので、買い替えてみようか。なんて気持ちになりました。

Moto360 2ndGen用のウォッチベルト ブラックレザーとメッシュメタルをまとめ買い

moto360 2nd ウォッチベルト レザー メタルメッシュ

それでもって、2本まとめ買いすると200円割引になるというキャンペーンにつられてまとめ買いです。1本はこれまでと変わらず肉厚なブラックレザーのベルトを。それから、これから夏に向けて重厚感を損なわず、爽やかにつけられるのではと考えて、メッシュのメタルベルトを選びました。夏に手首にかく汗で、レザーの寿命を縮めていると感じていたのでなかなかよいきっかけになりました。

早速、メッシュメタルのウォッチベルトに付け替えていきます。
 
moto360 ウォッチベルト メッシュメタル ブラック

同梱物はこんな感じで。ベルトとスライド式バネ棒、ツールキットが入っています。Moto360はこのスライド式バネ棒のおかげで簡単にベルト交換ができます。早速付け替えます。
 
moto360 ウォッチベルト メッシュメタル ブラック 交換

こんな感じになりました。爽やかな雰囲気にしたいけど、シリコンベルトのようにチープな感じにならないように。と願っていたのですが、重厚感は変わらずに少しだけ軽やかな雰囲気になりました。と、ここまでのベルト交換はとても簡単だったのですが、サイズ調整にちょっと手間取り、、金具が固くてペンチやラジオペンチ、終いには金づちまで持ち出して調整をしました。まぁ、お安いベルトなもんで、このあたりは愛嬌ということで。
 
moto360 ウォッチベルト メッシュメタル ブラック 着け心地

手首に着けてみるとこんな表情です。着け心地は重量感がありますがメッシュなので通気性が良くてベトベトとしません。なかなかいい感じです。

このベルトで夏を乗り切ったらもう1本の肉厚なブラックレザーベルトに付け替えて。なんて計画をしています。ウォッチフェイスもベルトもいろいろ変えながら、楽しく着けていきたいスマートウォッチです。唯一の心配はバッテリーが1日持たせるのがギリギリな感じになってきたことで。

バッテリー交換をしたいのですが、対応してくれる業者も、自分でやる方法も、なかなかよい情報に巡り合わずにいます。もし情報持っている方がいたら教えてください : )