Skip to content

やっぱりPatagonia(パタゴニア)フーディニ・ジャケットとバギーズパンツで~息子のサッカーのお供の装い

先日、昨夏から習慣化しているランニングのウェアに投資をしようとPatagonia(パタゴニア)のバギーズショーツ、Tシャツ、キャップを購入したばかりですが。。

今度は息子のサッカーの付き添いのときに着るアウトドアなウェアが揃えたくて、悩んだ挙句にやっぱりパタゴニアがいいと決心してWebショップでポチっと購入しました。

パタゴニア バギーズショーツ(Patagonia BaggiesShorts)|ランニングと真夏は街でも穿きます

きっかけは付き添いで行っていたサッカーの練習に巻き込まれて、砂ぼこり舞うグラウンドでジーンズを穿きながらボールを蹴ったことです。それがなかなか楽しかったことと、よく練習を見守りしているパパたちはサッカーウェアを身に着けていて、ジーンズやベイカーパンツでグラウンドに立っている自分が少し場違いな居心地の悪さを感じていたことが、アウトドアウェアを買おう思った背景です。

そんな感じなので、ナイキやアディダスなどのスポーツブランドのジャージでも良いのですが、いざとなると妙な拘りが顔を出し、好きなアウトドアブランドにしたいなぁ。なんて思い、ならばパタゴニアよりも安価なモンベルもいいよね。なんて物色したりもしたのですが。。

いつもブログを見ているボーイズマーケットの津保さんのパタゴニアの着こなしがやっぱりカッチョよくて、巡り巡ってパタゴニアを選びました。

サッカーのお供のトップスはパタゴニアのフーディニ・ジャケット

トップスはフーディニ・ジャケットです。超軽量なリップストップ・ナイロン生地のウィンドブレイカーです。津保さんは上の写真のようにランニング時にも着用していて、薄手なので真夏以外のオールシーズンのアウトドアな場面で使えそうです。

正直なファーストインプレッションは「こんな薄い生地で1万円オーバーなの?」でしたが、愛用者のクチコミを見るとその超軽量な部分がこのジャケットの魅力であることを知りました。薄手なのにハリっとした表情の生地とタイトなサイジングはパタゴニアだからこそのプロダクトです。
 

ボーイズマーケットの着こなしを見ていると、タウンユースでも十分行けそうです。津保さんのアドバイスを参考にすると「草臥(くたび)れたらタウンユースで」とのこと。ランニングやサッカーでガンガン着て洗濯して、自分の体に馴染んでからの方がジーンズやベイカーパンツにもマッチしそうです。楽しみです。

サッカーのお供のパンツはパタゴニアのバギーズパンツ

パンツはバギーズパンツにしました。暑い時期は先日買ったバギーズショーツでいいんですけどね。まるで天然繊維のコットンのような「サプレックス・ナイロン」の生地。細い繊維を高密度に織り込むことにて耐久性と柔らかさを実現した機能性素材です。

フォルムはいつもボクが選ぶようなタイトフィットなサイズではなく、ジョガーパンツのように腿や膝にゆとりがある形です。最初は慣れないでしょうが、着こなしていけるようにしたいです。
 

こちらもできればタウンユースしていきたいです。上の写真のようにトップスにシャツを合わせたりして。ランニングや息子のサッカーをきっかけ(言い訳?)にして、パタゴニアのファブリックのラインナップが充実してきました。ちょっと値が張るブランドですが、それ以上にワクワクを感じられることに価値を感じます。

買い求めるものはすべてですが、少し値が張ってもワクワクできる。永く使っていけるものをしっかり悩んで選んで、身の回りに揃えていきます : )