Skip to content

ホントに悔しいのよ。

韓国戦に続いて、ホントに悔しい。
大げさでなくて涙が出るくらい。

WBC-ワールドベースボールクラシック-。

日本代表という冠がつくだけで、これほどに愛しいチームになるなんて。それでもって、こんなにもドラマティックで、でも悔しい試合をするなんて。ホントに悔しい結果だけど、だけど野球愛を改めて感じさせてくれているかもしれない。野球のエキサイティングな一面。

一点差。どちらも一点差。

一方は日本に出稼ぎにきている韓国の主砲に、逆転のツーランホームランを打たれて。その試合の最後のバッターは、日本代表をWBCを最も牽引してきた、メジャーリーガー「イチロー」。

一方は、打のエース「イチロー」が先頭打者でホームランを打ち。投のエース「上原」がヒットを打たれつつも要所要所を締める粘り強いピッチングでつなぎ、中継ぎ「清水」が同点に追いつかれつつも、日本らしく、粘り強く粘り強く。

これも日本らしく、犠飛で勝ち越し。アメリカの抗議。ジャッジが簡単に覆る。そして、サヨナラ負け。あぁ。今は世界の悲劇のヒーロー「日本」。

ただまだ敗退が決まった訳ではない。ボクは想う。このドラマティックな負け方と、野球の魅力と怖さを感じさせまくっている試合展開。今大会のヒーローは日本。だから、最後は必ず勝って終わる。そんな気がする。

メキシコからの勝利。韓国へのリベンジ。

そして決勝進出。未知の野球王国「キューバ」や「プエルトルコ」。もしくは「ドミニカ」との対戦。勝利。最後は因縁の「アメリカ」。勝利と優勝。そんな美しすぎるエンディングを思い描く。

野球で負けたらアカンのよ日本は。

今回が初開催の「WBC」。そんな大会だからこそ、世界の野球の神様はとびっきりなドラマを用意しているはず。その主役は小さな野球大国「日本」。

そう信じて応援する。