Skip to content

Alden PennyLoafer(オールデン ペニーローファー)のメンテナンスにモゥブレィ「シュークリームジャー」を採用した

先日購入したオールデンのペニーローファーのメンテナンスを楽しんでいます。

最初はデリケートクリームで優しく保革していこうと考えていましたが、細かいスレやヒビ割れのもととなりそうなシワが気になりはじめて、今まで敬遠してきた補色に取り組んでみようと思いました。

Alden PennyLoafer(オールデン ペニーローファー)|5月の真夏日に届いた軽快な一足

補色初心者でも安全な「モゥブレィ シュークリームジャー」でチャレンジします。カラーはミディアムブラウン。デリケートクリームよりはしっかり、でも水分たっぷりで塗りやすく、のばしやすいクリームです。

 

最初に、儀式とばかりにステインリムーバーで革をスッピン状態に戻します。

 

マニュアルによると、靴片足で米粒1~2粒程度をよく伸ばしてとありますが、米粒単位がよくわからない。。

 

 

上の写真の量だとちょっと足りない気がして、追加して全体にのばしていきます。塗布してみると、ミディアムブラウンの補色効果はあまり感じられず、だからこそ米粒単位では足りない気がしてきてしまいます。

補色効果は何度も塗り重ねているうちに。というレビューも見ましたが、つまりは保革優先で補色は無理ない範囲でとしていることで、初心者にも扱いやすいのだと思います。ちょっともの足りない気もしつつ、丁寧にマメにメンテナンスしてやろう。と思えばいい感じなのかもです。

 

 

これもマニュアル通りに、クリームを塗ったら乾かないうちにブラッシングです。摩擦熱を加えることで、より革に浸透を促します。

 

 

最後に布ぶきです。これで輝きが増すそうです。

 

 

仕上がりはこんな感じ。前述の通り、補色効果はほとんどありませんが、いい感じの光沢が出ました。マメマメしくメンテナンスして、かわいがっていこうと思います : )