Skip to content

2016年2月の資産運用|よくわからない2月だったけど、冷静に見直すと1月の下値を破って下げて、また戻ってきた。という感じ。

2月も落ち着かない相場でした。。

日銀のマイナス金利導入への期待で1月下旬に株価が上がり、でも2月に入るとその効果への疑問が噴出し大きく下げました。加えて原油安でしょうか。特に米国株価は原油価格にリンクしているような印象です。

そんな状況下でのボクのアセットアロケーションです。

 
アセットアロケーション_160229
 

総資産は1月からの続落。評価損益は若干の改善が見られます。米国株の「マテル(MAT)」が下落相場の中でも力強く上昇してくれているのと、年明けから再開したFXで少しばかりの利が乗っています。

アセットを見ると、日本国株と先進国株に乖離があります。が、これはこのまま先進国株の構成比を高めていこうと考えています。全体のアセットアロケーションも後々見直します。

悩ましいのが日本国債です。構成比を増やすべく着々と積み立てていましたが、マイナス金利によって高値になっています。いつかの金利上昇によって下落するというニュースが散見する中で、このまま積み立てていってよいものかと悩んでいます。いつ下落するのか、本当に下落するのか。それは分からないのですが、今は世界的に株安ですので、株式への投資の比重を高めていこうと思っています。

 

さて、冒頭にも書いたように世界の市場はなんとなく落ち着かない様子ですが、2月ってどんな感じだったっけ?と思い返すと、あまり印象に残らない1ヶ月でした。

ならばと思って、全世界の株価を俯瞰すべく「ヴァンガード・トータルワールドストック」のチャートを確認してみました。

 
vt_バンガードトータルワールドストック_160301
 

こうして俯瞰してみると、何のことはない。2月は1月の安値を割って下落したけど、また1月末の株価に戻って終わった相場でした。なるほどだからあまり印象に残らない1ヶ月だったのかなぁと。

ハテナ?と思ったときは、こうして全世界を俯瞰して考えてみることが大切であると気づきました。さて、3月。3月と5月とに大暴落がある、なんてニュースも耳にしましたが、落ち着いて着々と、できれば楽しく投資していきたいと思います : )

Photo by Nurus Salam