Skip to content

A.P.C.デニムワークジャケット|久しぶりにアーペーセーのリジッド生地を味わうジージャンを購入

休日になかなか外に遊びに出ることができない環境が続いていますが、春のうららかなお天気を家の中から眺めていてがまんできずにジージャンを購入しました。

A.P.C.のリジッドデニム生地で作られたワークジャケットです。経年変化(エイジング)するファブリックが好きで、ジージャンはずっと欲しいと思っていました。でも、休日専用になるし、そうなるとパンツはインディゴカラーのジーンズを穿く機会が多いので、デニムのセットアップなんて難易度が高いコーディネートには自信がないので手を出せずにいました。

それでも、今回購入に踏み切った理由がいくつか。ひとつは、リゾルトのホワイトデニムを購入したこと。そして、そのデニムがめっちゃいい感じで穿く機会が増えそうなので、デニムのセットアップでもインディゴカラーのジャケットとホワイトデニムであればうまくコーディネートできそうという実感です。

リゾルト AA710(Resolute AA710)~一度思いとどまった10周年記念限定ホワイトデニムを購入

ふたつめの理由は、この冬に色ち買いで手に入れたナナミカのステンカラーコートの中に着るミドルアウターが欲しかったためです。このゴアテックス生地のコートは、カーディガンやニットの上に羽織るにはちょっと薄手で、もう一枚しっかりしたミドルアウターが必要で、それに一番合うのがジージャンだと感じています。

ナナミカ ゴアテックス ステンカラーコート(nanamica GORE-TEX Soutien Collar Coat)|ベージュを購入~コットンゴアテックスファブリックは3着目。

最後のひとつは、前身ごろの走るステッチがないシンプルな2ndタイプのA.P.C.のデニムジャケットのデザインとシルエットにはまったことと、それが試着程度の良い状態でユーズド販売されていたこと。そうです。こいつもやっぱり気になって探してみたら、状態の良い中古品が安価で販売されているのを見つけて買ってしまうパターンでした。でも、満足しているのでOKです。

とてもきれいなリジッド状態の生地ですので、エイジングを楽しみつつ着ていきます。洗濯の方針は何度か着たらあまり気にせずに洗濯することに決めました。同じくA.P.C.のリジッドジーンズを穿いていたころは、なるべく洗濯しなくてよいように穿いていましたが、ジャケットは襟や袖口の汚れが気になるし、洗濯を繰り返して自然な状態で退色していくことに抵抗を感じなくなってきているので、そんな方針で行きます。

ということで、未洗濯の状態を記録してエイジングによる退色の様子も見ていきたいので、現在の表情を残しておきます。

A.P.C.デニムワークジャケット‐購入直後のノンウォッシュの表情

A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド 全体観

まずは、正面から見た全体観です。サイズはxxsを選びました。ジージャンの中では着丈が長い方だそうです。その方がコーディネートしやすいと思っています。袖丈も大分長めです。手の甲の半分以上が隠れる長さです。シルエットはタイトなボックスシルエットです。ボタンを締めても、開けて着ても様になる形です。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド 襟 エリ

シンプルな襟元です。襟はコンパクトで、あまりそういう着方はしませんが、襟を立てて着てもOKです。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド ポケット

ポケットはフラップ式でボタンはついていません。ボタンを排することで、よりシンプルにスマートな印象になっています。ラギッドな印象になりすぎない、こんなあしらいもこのジージャンを選んだ理由です。それにしても、久しぶりにA.P.C.のリジッド状態の生地を見ますが、やっぱり美しいですね。他のデニム生地にはない光沢感です。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド ボタン ステッチ

ボタンにはジーンズでもおなじみの刻印と、ギターとサーベルのモチーフが配置されています。ボタンの左右には切り返しが入っていて、シンプルなデザインのアクセントになっています。14.5ozの硬いリジッド生地にクッションを加える役割にもなっているようです。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド 袖口

袖口もシンプル。前述の通り、袖丈は長めなのでボタンをはずして腕まくりして着る機会もありそうです。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド 背中

背中面です。こちらもシンプル。このシンプルな背中の表情がどうエイジングしていくのかが楽しみです。
 
A.P.C.デニムワークジャケット エイジング 経変変化 ノンウォッシュ リジッド アジャスター

背中面の数少ない装飾のひとつであるアジャスターです。きっと機能として使うことはありませんが、さりげないアクセントになっています。

ということで、春秋はアウターとして、冬はコートの下にミドルアウターとして着たいと思う、A.P.C.のデニムワークジャケットの購入直後の表情でした。良いエイジングを期待して、永く着ていきます : )

A.P.C.デニムワークジャケットのエイジングの様子は「A.P.C.DenimWorkJaket/A.P.C.デニムワークジャケット」のタグでまとめていきます