Skip to content

サッポロラーメン 天竜|浅草橋でラーメンランチ~醤油一枚半ライスの王道おいしい食べ方

Instagramのクチコミで知って、行きたいと願っていた「サッポロラーメン 天竜」にようやく訪店することができました。

天竜があるのは浅草橋。ボクの通勤途中の駅です。駅からも近くてアクセスしやすい立地ではあるけれど営業がランチタイムのみ。しかもいつも混んでるということでしたが、この日は12時少し前に到着すると並ばずにカウンターに座ることができました。

ご高齢の大将と女将さんの2人で切り盛りするお店で、調理もサーブも優しくゆっくりと。穏やかな空気が流れる店内です。オーダーはお店に入る前から決めていた「醤油ラーメン+チャーシュー1枚+半ライス」です。

クチコミを見ているとこの注文方法が王道のようです。750円の醤油or味噌or塩バターのラーメンを選び、分厚く大きいチャーシューを1枚トッピングして、半ライスはそのチャーシューの半分とラーメンの具であるひき肉を乗せて食べる。そんな常連さんの食べ方をひとまずマネてみます。

店内のメニューを見るとチャーシュー麺もあって、これは3枚のチャーシューが乗って1150円でした。いつか半ライスなしでチャーシュー麺にも挑戦してみたいです。さて、ゆったりとした時間が流れる店内、オーダーからおよそ10分でいよいよ着丼です。

サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚半ライス

サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚半ライス

こういう普通の醤油色したスープのラーメンは久しぶりです。ノスタルジックを感じますが、具のひき肉ともやしは大量だし、チャーシューのこの大きさ。王道ながらも興奮を感じるビジュアルです。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 麺

天竜の麺は黄色味が強い中太麺です。クチコミの評判通り柔らかめに茹でられています。麺もノスタルジックを感じる佇まいです。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 チャーシュー

でかくてぶ厚いチャーシューです。脂身の比率がいい感じです。しっかり脂の甘味を感じられるボクの好みの比率です。こんなに大きくてぶ厚いのに中まで柔らかく煮てあります。色は薄めですが味は塩っ辛くしっかりとついています。真ん中に切れ目が入っているので、ここを箸で割って、半分はラーメンと一緒に。片割れは半ライスと一緒に食べるようにとっておきます。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 スープ

天竜のスープです。先ほどから頻出しているノスタルジックという表現ですが、スープの見た目もそんな感じです。でも一口味わってみると、見た目だけではわからない深い甘味としっかりとした塩味が口に広がります。なんでしょう。ラードと化学調味料ですかね。濃い味好きのボクでも満足できるスープです。うまい。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 ひき肉

具はチャーシューとひき肉ともやしのみとシンプルですが、このひき肉ともやしが大量に入っています。スープの底に沈んでいてすくってもすくってもなくならない感じ。ボリュームあるラーメンです。このひき肉とチャーシューを半分残しつつラーメンを食べ終えて、次に半ライスに取り掛かります。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 半ライス ひき肉乗せる

ラーメンの丼の底をレンゲですくってひき肉ともやしを半ライスの上にオンしました。もうこれだけでもおいしそう。ここに半分残しておいたチャーシューをさらにのせます。
 
サッポロラーメン 天竜‐醤油一枚 半ライス チャーシュー乗せる

ドン!チャーシューの上には天竜自家製のラー油をたらしました。チャーシューを一口かじり、ひき肉とご飯をかきこんで咀嚼しながら残ったスープを口に含む。全部ごちゃまぜに味わって飲み込む。すげぇ、うまいです。最近はラーメンを食べるときにライスを注文することはほとんどありませんが、天竜ではこの食べ方は必須ですね。みなさんがクチコミしたくなる気持ちが分かります。

今回は迷った末に醤油ラーメンにしましたが、次回は塩バター、その次は味噌にチャレンジします。ただ、気になったのがご高齢の大将と女将さんの体調で。常連さんもやっぱりご高齢の方が多いようで、ボクの隣に座った常連らしきおじいさんが女将さんに「最近は変わりないかね」なんて尋ねていました。女将さんいわく「悪くわなってないですよ。ちょっとずつ良くなってね、ご飯がたくさん食べられるようになったり、ラーメンも食べてるよ」なんて会話をしていました。

女将さんの体調が心配なようですね。きっと大将ひとりではまわらないお店。こんなにもおいしいラーメンとチャーシュー、それからライスとの組み合わせを、これからも永く食べられるように、お体大事にお元気に営業して欲しいと切に願います : )