Skip to content

裸族のiPhone6の液晶保護方法|KigaruMobile「全面ガードシリーズ」を装着しました

裸で持ちたい自分の好みを反映するために、iPhone6の液晶保護方法をあれこれ悩んで決めた、裸族のボクが選んだ保護ツールが届いたので、早速装着します。

KigaruMobile「全面ガードシリーズ」です。

なかなか雰囲気のよいパッケージで届きます。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」パッケージ
 

ケースもしっかり。シックな雰囲気で本体のデザインにも期待感がもてます。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」のケース
 

本体です。厚さは0.26mmです。思ったよりも厚みを感じますが、しっかりしているという印象です。アルミフレームのメタリックな感じが素敵。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」
 

装着の前に付属のアルコールペーパとマイクロファイバークロス、ホコリ除去用シールを使って、iPhone6をピカピカに磨きます。さすがに届いたばかりのiPhone6です。ピカピカになりました。

 
iPhone6
 

装着します。が、とても簡単でした。上部の穴をカメラとスピーカーに、下部の穴をボタンに合わせて、そっと置くだけ。空気やホコリもはいらずキレイに装着できました。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」 装着後
 

上部をアップで見てみます。カメラとスピーカー部分ですが、タイトな穴でしっかり保護されている感じがあります。アルミフレームはスモーキーな黒ですが、結構傷つきやすいです。でもそれが、経年劣化(エイジング)の良い味になるのではと思っています。カバーなので、また買えるしね。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」 装着後のカメラとスピーカー
 

下部です。ホームボタンの周辺はこの商品の売りのひとつ、アルミフレームの枠部分のシルバーなヘアライン加工が目立ちます。着けたばかりのころは、ちょっとケバい?と感じたけど、慣れてきました。このハイブリットなアルミフレームの枠部分加工がない商品もあるので、よりシックに。裸族に近づけたい人はそちらを選んでもいいと思います。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」 下部ボタン部分
 

装着して2日ほどですが、機能もデザインもいい感じで満足しています。前面全体をしっかり覆っているので、安心感があります。ボクが惹かれたこの売り文句、

※ご注意:液晶ガラスの全面貼り付けタイプですので前面側面角を保護するケース・カバーなどは装着できない場合がありますのでご了承下さい。ケースを使用しない人は特にお勧めです。ガラスフィルムは割れますが本体液晶ガラスが割れる事を減少させます。

信用してよかったと思います。このカバー一枚でiPhone6のほぼ裸族活用を楽しみたいと思います : )