Skip to content

iPhone6の出っ張ったカメラレンズは「アラリー メタルリング」で保護します|裸族なボクのiPhone6保護対策

裸でiPhoneを持ち歩きたいのだけど、最低限の液晶保護のためにガラスフィルムのKigaruMobile「全面ガードシリーズ」をつけました。タイトでミニマルなフィット感が気に入っています。

 
KigaruMobile「全面ガードシリーズ」
 

前面はコイツで保護して、裏面はキズがついてもそれがエイジングでよい雰囲気になるからOK。とiPhone5まではそれでよかったのですが、iPhone6を使ってみて気になったのがカメラ部分の出っ張り。

 
iPhone6のカメラ部分のでっぱり
 

この出っ張りがひっかかって、カメラ機能を壊したりしないものだろうか。サファイアガラスを使っているとはいえ、カメラ部分で自重を支えるのはいかがなものか。。などなど、心配ごとが次々と沸いてきてしまった。

なので、裏面はこの「カメラレンズ部分」だけ保護することに決め、そんな商品を探してみました。あるんですね。カメラ部分だけを守る「カメラレンズ」。いろいろ見たけど「araree(アラリー)のMetalRing(メタルリング)」にしました。

きっとこの手の商品では最高値。でも、他の商品と比べてのデザインのかっちょよさが群を抜いていました。他の商品がかっこ悪すぎ。で、早速届きました。

 
araree(アラリー)のMetalRing(メタルリング)のパッケージ
 

パッケージはこんな感じ。リングフィーチャーのシンプルなものです。

 
araree MetalRing
 

中身もシンプル。リングがポツンと。説明書きも、このシートからリングをはがして、iPhoneにペタっと張ってね。ぐらいの気軽な英語のみでした。

 
araree(アラリー)のMetalRing(メタルリング)をはってみた
 

なので、気軽にペタリとはってみました。タイトなサイズで、カメラレンズにピタリとはまりました。iPhoneのデザインも損なうことありません。いい感じです。

このリングは厚さが1.1mmあって、iPhone6のカメラレンズよりもほんのわずかに飛び出ています。なので裏面を下にして置くときにもこのリングがカバーして、カメラレンズ本体が机や床に接触するのを防いでくれます。

これで、iPhone6を「ほぼ裸」で持ち歩く環境が整ったかなと。いいもの見つけられてよかったです : )