Skip to content

ばりちゃん|高田馬場で博多ラーメンランチ~「ばりこて」の後継店にはじめて訪店

ラーメン好きですが、そんなボクでもなぜだか食指が動かなかったジャンルが「博多ラーメン」でした。理由はとくにないのですが、、でもそんな嗜好を変えてくれた博多ラーメン店が高田馬場にあった「ばりこて」でした。

ばりこて 高田馬場店|高田馬場で博多ラーメンランチ

知人に連れられてたった一度の訪店。その後、もう一度行きたいと願いつつ機会がないまま閉店の知らせを聞いたのでした。その後、いくつかの博多ラーメンを試したりしたのですが「ばりこて」の味には及ばず。。ということを繰り返しているうちに、今度は高田馬場に後継店ができたというニュースを知って。いつか行きたいと思っていました。

そして今回、午後イチに高田馬場でアポイントが入ったので、少し早めに会社を出て「ばりちゃん」でランチしてきました。

高田馬場 ばりちゃんの「チャーシューメン」

入店した時刻は13時過ぎ。ランチタイムのピークも過ぎていたので、店内にお客さんは5名ほど。並ぶことなくカウンターに腰かけます。店内を見渡すと店員さんは若い女性の3名のみ。へぇ~、と思います。注文は入る前から決めていたチャーシューメン。というのも、ばりこての衝撃の50%ぐらいは香ばしいチャーシューの味だったからです。ここでも再現されていることを望みつつ。

麺の硬さはバリカタでお願いして、5分ほどで着丼です。
 
ばりちゃん チャーシューメン

はみ出すほどに丼一面に敷かれたチャーシューが美しいです。期待感いっぱいで食べ進めていきます。
 
ばりちゃん チャーシューメン チャーシュー

まずは一番の楽しみだったチャーシューを。。あれ。ばりこてとは大分違います。ばりこてのチャーシューの写真を見返したのですが、程よく炙られていて醤油味も強くかつ厚めに切られていてとても香ばしくしっかりした味がしました。ばりちゃんのチャーシューはとても薄味でペラっと肉厚も薄いです。出だしからギャップを感じてしまいました。。
 
ばりちゃん チャーシューメン スープ

さて、スープはと。ここは間違いないですね。美しく白濁したクリーミーなスープ。しっかり目のとんこつ味。おいしい博多ラーメンのスープです。
 
ばりちゃん チャーシューメン 麺

麺も間違いないやつです。細麺ですが小麦の味がしっかり感じられる麺です。固めをしっかり噛んで食べるのがオススメです。
 
ばりちゃん チャーシューメン 辛子高菜

博多ラーメンの楽しみの30%は辛子高菜です。チャーシューの味が薄かったので早めに投入しました。クリーミーなスープに刺激をプラスしてくれます。しっかり辛めの味付けで、食べているうちにアゴの先から汗がしたたり落ちました。
 
ばりちゃん チャーシューメン 替え玉

そんなこんなで、チャーシュー以外はほぼ期待通りだったので替え玉行きます。引き続きバリカタで。
 
ばりちゃん チャーシューメン いりごま 紅しょうが

替え玉のターンになるともうカオスです。追加の辛子高菜と紅しょうが、いりごまを丼に投入します。こんなコントラストが楽しめるのも博多ラーメンの良いところだと気が付きました。おいしく完食。

あの衝撃を受けたばりこての味には及びませんでしたが、十分満足できる博多ラーメンでした。また高田馬場に来たら寄ります。と思っていましたが、お店を出てちょっと歩いたところに特大から揚げ入りのラーメンが特長の「旨辛ラーメン表裏」を発見。あらら、次の高田馬場はこっちかな。訪れる頻度は低い駅ですが、ラーメン事情はとてもよい環境です : )

旨辛ラーメン表裏|水道橋でラーメンランチ