とんかつ檍(あおき)|大門でとんかつランチ~今だからカタロースかつ定食

基本は在宅勤務だけど、出勤が必要な日にはいつもは行けないお店でランチを。ということで、日常ではいつも行列ができるお店「とんかつ檍」で、これまた普段のランチではちょっと高価に感じる「カタロースかつ定食(1800円)」をいただきました。

こういう状況で営業しているお店はいろいろ感染対策に気を遣ってくれています。オーダーは店外で、とんかつが揚がるころに店内に誘導してくれます。入店前には手のアルコール消毒を促されて。感染予防のための注意事項も貼り紙されています。私語はなるべく慎んで、食べ終わったら早めの退店を、酒類は当面販売しませんとのこと。ありがたいですね。しっかり守って、おいしくいただきます。

そんなことを考えながらいると店内へ案内があって、着席後は数分でカタロースかつ定食がサーブされます。

目次 - post contents -

とんかつ檍 カタロースかつ定食

とんかつ檍 あおき カタロースかつ定食

大きいです。普段のランチかつ定食が170g、上ロースかつ定食が200gで、このカタロースかつ定食は300gなのでそりゃ大きいですね。なんだか特別で得した気分になります。

あわせて読みたい
とんかつ檍(あおき)|大門でとんかつランチ~会社近くだけどなかなか行けない行列店
とんかつ檍(あおき)|大門でとんかつランチ~会社近くだけどなかなか行けない行列店唐揚げ熱、ラーメン熱、チャーハン熱ときて、今はとんかつ熱がきています。

とんかつ檍 あおき カタロースかつ定食 断面

断面はこんな様子です。分厚い、そして真ん中あたりはほんのりピンクです。カタロース(肩ロース)という部位を調べてみると「ロースと肩肉やネックの間の部分で、赤身の中に脂肪が入っている」だそうで。ちょうど中心部が脂身のようです。この分厚い1片を食べるのに3口は必要です。肉質がとっても柔らかなので少し歯を立てるだけでするっと噛み切れてしまいます。脂身がほどよく中心に入っているので、2口目でジューシーな脂身を味わうことができ味のコントラストもとても具合がいいです。
 
とんかつ檍 あおき カタロースかつ定食 ボリビア 岩塩 アンデスの紅塩

最初の一切れは塩でいただきます。4種ある中から、今日はボリビア産の岩塩(アンデスの紅塩)を選んで振りかけました。肉の甘さを味わうには塩が一番です。が、ご飯と一緒にだとまた別ですね。

とんかつ檍 あおき カタロースかつ定食 からし しょう油

次にしょう油とからしでいただきます。通常のロースよりも全体的にジューシーで甘みがあるカタロースなので、この組み合わせはピタリでした。普通はこの一切れの後はソースでいただきますが、今回はもう一切れしょう油&からしの組み合わせで食べました。
 
とんかつ檍 あおき カタロースかつ定食 からし ソース

そして、ソース&からしです。すみません。ソースかけすぎで絵が汚いです。が、この組み合わせが間違いないですね。ごはんもキャベツもこの組み合わせと一緒ならグンと進みます。

とんかつ檍のカタロースかつ、おいしかったです。普段はなかなか入れずに、またなかなか注文しづらい価格のカツですが、久しぶりの外食で食べられてよかったです。日常に戻っても、少し遅めのランチになっちゃったときなど、機会を見つけてまたきて食べます : )

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

sharing is!
目次 - post contents -
閉じる