Skip to content

仙台や|渋谷で中華ランチ~ずっと食べたかったチャーシューチャーハンにトライ

渋谷での午後2のアポイントの前に、歴史ある大衆中華料理店の「仙台や」でランチしました。

以前、なにかの記事で見てずっと食べたいと思っていた「チャーシューチャーハン」を食べます。過去に2度ほど昼時に訪れて、いずれも行列で断念していました。今回は13時半すぎの時間に訪店したため、並ばずに座ることができました。

店内は調理場で鍋を振るう大将と、サーブしてくれる女将さんの2人体制。調理場が見えるカウンターに座ってチャーシューチャーハンをオーダーします。

大将は前の人が注文したチキンライスを絶賛調理中の様子。そちらの調理をすべて終えてから、ボクのチャーシューチャーハンに取り掛かります。時間がかかるオペレーションですが、ランチの混雑時でもこの形式で作っているのかな?だとしたら、あの行列もうなずけるし、大変だ。

とういうことで、10分ちょっとかかって着丼です。

仙台や チャーシューチャーハン


 

チャーハンの上にこんもり盛られた角切りチャーシューがフォトジェニックなチャーハンです。調理場を眺めていると、大将がチャーハンを作り上げたのちに、女将さんが仕込んであるチャーシューをこまぎりにして、そのままのせていました。

なので、チャーハンは熱々。チャーシューは冷たい状態です。

 

 

中華スープがついてきます。こちらの調理過程もカウンターに座りながら見ていましたが、化学調味料をザバー、しょう油をワーっとお椀にいれてから、ダシスープをジョボっといれるだけの簡単調理。でもウマイです。

 

 

チャーシュー。前述の通り冷たい状態です。味付けも薄味で、チャーシューだけで食べてもおいしくない!

 

 

なので、熱々のチャーハンと一緒に食べます。パラパラではなくしっとり。だから熱々の時間が長く続きます。味付けは濃い目。だから味付けされていないチャーシューと食べるのが程よいです。

冷たいチャーシューをチャーハンの熱で温めながら食べると、程よく脂が染み出てきていい感じです。このマリアージュが必須なんだな。

 

 

半分ほど食べ進めてから、コショウをザバっとかけて食べます。味が引き締まって、これもうまい。

念願の仙台やのチャーシューチャーハンでしたが、期待通りのおいしさを味わうことができました。またチャンスがあったら訪店します : )