Skip to content

ジャック・ドーシーに学ぶ。サービスは「純化」させる方が難しい。

この週末はTwitterの創業者「ジャック・ドーシー」の言葉がバズっていました。仕事上で意識している4つの「Do」と4つの「Don’t」です。

■毎日、確実に「やっていること(Do)」

  • Get 7 hours of sleep(7時間睡眠をとる)
  • Say hello to everyone(皆に「こんにちは」と言う)
  • Run for 3 miles(3マイル走る)
  • Stand up straight(真っすぐ立つ)

■絶対に「やらないこと(Don’t)」

  • Don’t avoid eye contact(目を背ける)
  • Don’t be late(遅刻する)
  • Don’t drink hard liquor or beer during the weekday(平日にお酒を飲み過ぎる)
  • Don’t set expectations that you can’t meet(実現しそうにない目標をセットする)

とてもシンプルです。でも、シンプルだからこそすべてを実現するのは大変です。さすがTwitterを作った人である。という印象です。

Twitterは機能を極限まで「純化」してシンプルにそぎ落とすことを目標にサービス開発を行っています。「ジャック・ドーシー」は『サービスは機能をたくさん作るよりも「純化」させる方が難しい』と言います。

日々の提案やプレゼン。報告書の作成。目標設定も「純化」を目指してみてはいかがでしょうか?たくさんの代替案を用意するよりも難しいけれど、より魅力的なアクションになると思います。

 


 

Photo by Lali Masriera