Skip to content

JET|フジロック06.Report

彼は両手を曇天の苗場の夜空に何度掲げただろうか?

オーディエンスをあおる。あおる。あおる。
Justな刹那でためる。ためる。ためる。

 

張り切りすぎぐらいがいいじゃないか。だって、フジロックだもん。初日のベストアクトはJET!

■2006年7月28日(Fri)19:20
□JET
■at GREENSTAGE

正直に告白すると、DIRTY PRETTY THINGSのメランコリックを引きずっていた。

GREENの後方、Orengeのシートを広げた本日の拠点にポジションを下げて臨んだJETのステージ。辺りは夕闇に包まれ、煌びやかな照明が気分を盛り上げる。だけど、ボクらは後方で、オーストラリアのダーティ・スウィート・ロックンローラーの登場を見届けた。ひとまずは黄色い歓声。

だけどもすぐにオーディエンスすべてが悲鳴に近い歓声を上げる。2曲目にして、飛び切りアッパーなチューン。

Rollover D.J.

Orengeシートに腰を下ろして彼らの登場を見届けたボクも思わず、転倒。逆に腰を浮かしてジャンプする。そうジェット噴射。曇天の夕闇で、少し気温が下がってきて、持病の腰痛で重かったボクの下半身にもジェット噴射の後押し。思わず立ち上がる。

GET WHAT YOU NEED
HOLIDAY
SKIN AND BONES

続ける、続ける。両手を広げてあおる。

あれ!?

ドラエもんの不思議道具よろしく、どこからか取り出したタンバリン。

また両手を掲げる。

ためる。

いくぞ、いくぞ

シャシャシャカ、シャシャシャカ。。。

きた!!!!!

Let’s go!!

I said a 1,2,3, take my hand and come with me
‘Cause you look so fine
That I really wanna make you mine.

♪Are You Gonna Be My Girl

もう怒涛のようにたたみ掛け、一生懸命にオーディエンスをはやし立て。そんな姿にシンパシーを感じずにはいられなかった。きっとすべてのオーディエンスが。彼らの精一杯のアッパーチューンを続ける。

きっとそんな姿が気持ちが伝播するんだろう。ボクらオーディエンスも精一杯の縦ノリ、モッシュで応える。一生懸命盛り上がる。なんかそんな一体感が、フェスの正しい姿が気がして、清々しい。

と、今度は一変。ロマンティックなバラードが聴こえてきた。

Look What You’ve Done

あぁ。この子たちはこんな素敵なバラードも唄うんだ。とこれも素直に感動。

いやぁ。すっかり彼らの「あおり」や「ため」に乗せられてしまい。それが良い気分。もう1度言っておこうかな。張り切りすぎぐらいがいいじゃないか。だって、フジロックだもん。

キミたちの勇気ある、ピュアなライブアクトに花丸。
もう一度。ボクのフジロック06がスタートした気分。