Skip to content

日本の小売市場、業態別の売上高を確認してみる

先日、ネット通販市場に関するニュースを見ました。

 

ネット通販、16兆円規模へ スーパーや百貨店を上回る市場に
http://goo.gl/NO8dsc

記事の中では、

  • ネット通販市場:15.9兆円(13年度)
  • 百貨店売上高 :6.2兆円(13年度)
  • GMS売上高:12.7兆円(13年度)

とあります。「16兆円」のネット通販市場が国内消費の「5.6%」の規模ですので、国内消費全体は「300兆円」です。国内商品のうち、小売市場は「135兆円」と記憶しています。

いよいよ、ネット通販市場が国内の小売市場の「10%」を超えてきたのは、驚きとニュースです。一方でGMSも百貨店も、小売市場の中でのシェアが小さく驚かされます。小売市場のデータは頭に入れておくべきなので、いろいろデータを集めました。

  • CVS売上高 : 9.2兆円(11年度)
  • ドラッグストア売上高 : 5.6兆円(10年度)
  • ホームセンター売上高 : 2.7兆円(10年度)
  • 小売市場 : 138.9兆円(13年度)
  • 織物・衣服・身の回り品小売業売上 : 11.2兆円(13年度)
  • 飲食料品小売業売上 : 44.6兆円(13年度)
  • 自動車小売業売上 : 16.3兆円(13年度)
  • 機械機器小売業売上 : 6.9兆円(13年度)
  • 燃料小売業売上 : 14.0兆円(13年度)

表現が固くて読みづらいのですが、以下にデータがそろっています。

経済産業省 商業動態統計調査
http://goo.gl/LVvXB

Yahoo!ショッピングに続き、LINE MALLも手数料完全無料化のリリースがでました。小売はもう一段階変化が起きます。各市場のデータを頭に入れておかないと。

Photo by Jakob Montrasio