Skip to content

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!|すべて試してみたくなるすばらしいコンテンツ

よいコンテンツとは読み手に「やってみたい」と思わせる力がある読みものだと思っていますが、そういう意味ですばらしいマンガに出会いました。

このマンガは、決してお金のかからない。でもどこか魅力的な「おこだわり」を持つ登場人物たちが、筆者にその「おこだわり」の魅力を解説・説明するインタビュー形式で進みます。

登場人物たちが話す小さくておバカなこだわりは筆者を混乱させ、苛立たせますが。でも最後は、筆者もそしてボクも、その小さくおバカなこだわりを試してみたくて仕様がなくなる。そんなマンガです。

例えばある登場人物は「氷結のツマミには、ツナ缶にそのままマヨネーズとコショウを死ぬほどかけて食べるのが一番あう」と魅力的に語ります。

 
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 氷結とツナ缶
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 氷結とツナ缶
 

真夏にビジネスホテルに一人篭って、クーラーを贅沢に使いながら寝る。も実は魅力的。

 
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 真夏にビジネスホテルでクーラー使い放題
 

ポテトサラダで金麦を飲む。は、それだけなら想像できてしまうオケージョンですが、そこに「箸一本で舐めるように食べる」という「おこだわり」が入ることで、やってみたい!という気持ちを引き立てます。

 
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 金麦とポテトサラダ
その「おこだわり」、俺にもくれよ!! 金麦とポテトサラダ
 

それから、それから。

  • 自宅のベランダに寝袋を敷いて。お酒飲んだりラジオ聴いたりしながら寝てしまう。とか。
  • 喫茶店では「アイスミルク」を注文して、周りの目をちょっと気にしながら飲む。とか。
  • さけるチーズのさき方に拘ったり、アレンジレシピを極める。とか。
  • ポテトチップの「コンソメ味」に拘って、3種のコンソメ味を毎日食べ分けてみる。とか。

なんともバカらしくて、でも愛らしい。そして、いずれも「試してみたくなる」拘りが満載のマンガです。全部、ためしてみよう : )