Skip to content

“その瞬間”が有るか、無いかだ|ハイキュー!! 名場面

レギュラーメンバーでありながら、クールで覚醒しきれない「月島蛍」にとって、意外にもよいメンターである梟谷学園のスパイカー「木兎光太郎」の一言です。

今週号のジャンプで見事に伏線が回収されました。

合同合宿でなぜか月島のことを気にかけて、自主練に強引に月島を付き合わせる木兎。感情表現いっぱいに嬉々としてバレーに取り組む木兎に対して、月島は「たかが部活に対して、どうしてそんなに必死になるのか?」と問いかけます。

これが木兎の答え。

 
木兎 その瞬間が、有るか無いかだ
 

もともと得だったクロススパイクを止められた相手に、その後のストレートスパイクの練習の成果で、次の対戦。指にボールを触らせることなくストレートをぶち抜いた木兎のエピソードを交えてこういいます。

“その瞬間”が有るか、無いかだ

たかが高校生。たかが部活。たかが一試合。たかが一点。そう言い訳を並べて自分を抑制し続ける月島に、続けてこう言います。

 
木兎 それがお前がバレーにはまる瞬間だ
 

クレバーな月島はこの熱き一言にも流されることなく、この後も抑制の効いた自分の道を歩み続けるのですが。このしばらく後、全国屈指、県内最強のスパイカーと対峙する場面で、「その瞬間」を迎えることになります。そしてその瞬間には、木兎のこの一言がフラッシュバックします。ゾクゾクする場面。

クールな月島×感情あふれる木兎のカラミもハイキュー!!の名場面を彩ります : )