Skip to content

発信する生活者とシェアの力で小さなメディアが盛り上がる

利用者を絞り込んだWebメディアが成功しているという記事です。
 

若者3人が立ち上げたウェブメディア「Elite Daily」
月間4000万訪問数&年間売上40万ドル超え

http://media-outlines.hateblo.jp/entry/2014/06/17/211850

若者3人で立ち上げて、およそ2年で月間4000万訪問者がくるサイトになったとのこと。80年代~90年代に生まれた「ミレニアム世代」を対象にしたニュースメディアです。

我々が新たにチャレンジしている「サラサ」はアラフォーサラリーマンを対象にしていますが、こうしたニッチメディアの台頭に勇気付けられます。

ミレニアル世代のハフィントンポストとなるべく、寄稿者も600名ほどいます。ソーシャルの流入は7割ほどでコンテンツは、まとめ系の記事も多くみられます。寄稿者が多くいるため、コンテンツに関しては困らなそうですね。

文中で注目した部分は上記です。ソーシャルの流入が7割。広告を使って集客をしなくても、人々のシェアで注目されるメディアが作れます。

それから、寄稿者が600人。発信する生活者が協力してメディアを盛り上げています。情報発信をしたい仲間を集めるアクションがパワーを生むことを実感します。

Photo by Roͬͬ͠͠͡͠͠͠͠͠͠͠͠sͬͬ͠͠͠͠͠͠͠͠͠aͬͬ͠͠͠͠͠͠͠ Menkman