Skip to content

長浜ラーメン 呑龍|新橋でラーメンランチ~初訪店。控えめのビジュアルのラーメンだけど、なかなか。

本当に人の好みの移ろいは面白いもので。。

今年、人に連れられて食べた博多ラーメンに感動して、少し前には食指が動かなかった博多・長浜ラーメンを最近は好んで食べています。少し前は「味噌ラーメン」、その前は「ラーメン二郎」しか食べない!ぐらいに思っていたのに本当に不思議。

ばりこて 高田馬場店|高田馬場で博多ラーメンランチ

ぐっと寒さが増した今日も、ランチに長浜ラーメンが食べたいとお店を探します。朝イチのアポからの帰り道、ホームの新橋に戻ってから駅から近いけど、第一京浜を渡るのでちょっと会社から行くのには面倒くさくて行ってなかった「呑龍」に決めました。

長浜ラーメン 呑龍に初訪問

時刻は11時40分。ランチタイムにはちょっと早い時間に到着して大きな赤ちょうちんがつるしてある暖簾をくぐります。

店内に先客は1人のみ。店員は初老のおじさん2人。愛想は悪くて、いらっしゃいも威勢が足りない。初めてなんで勝手が分からず、ディナータイムのお酒やつまみまで雑多に書かれているメニューを必死で眺めます。

ベーシックにチャーシューメンに決めます。バリカタで。注文してはじめてこちらにチラリと一瞥くれて、「サービスのおにぎりはどうする?」とおじさんが問います。いただきます。

ものの5分ほどで着丼。

 

小ぶりの丼に、スープの量も麺の量も控えめに。チャーシューは淡い色の薄めのお肉がそれなりに。

 

 

サービスのおにぎりは、かしわ飯のおにぎりでした。ちょっとうれしい。

 

 

呑龍のスープはめっちゃ淡い色。一見薄味そうで、えぇっ。って思ったけど、なかなかにしっかりした味でした。

 

 

呑龍の麺です。博多長浜ラーメンなので、それは細麺です。サラリと淡いスープでもよく絡みます。

 

 

呑龍のチャーシュー。脂身は少な目、こちらは淡い見た目のままで味も薄味です。スープと麺と一緒に、もしくは高菜と一緒に食べるのがベターな味付けです。

 

 

ということで、早々に辛子高菜を大量に投入。これが博多長浜ラーメンのだいご味です。スープとも麺ともよく合うなぁ。

 

 

わーわー言いながらも替え玉しました。スープはもともと少な目なのに、ついつい1杯目で飲みすぎてしまって。。残りのスープとよく絡めて、それから出汁を追加で振りかけて、かつ高菜をさらに大量にぶっこんで。さらにさらにゴマを大量に、加えて紅ショウガまでも投入して、よく絡めて食べます。

こういうアレンジが楽しいなぁ。チャーシュー麺に替え玉と、かしわ飯のおにぎりまでしっかり食べました。お腹の具合はいい感じ。立地も接客もいまいち、味は及第点。というお店ですが、きっとまた行きたくなると思います : )