Skip to content

FOB Factory F0431~入荷を待ち望んでいた他にはないスリムシルエットのベイカーパンツを梅雨の入口でようやく購入

しばらく入荷を待ち望んでいた、FOB Factoryのベイカーパンツ。オリーブカラーのXSがどこにも販売していなくて、再入荷メールを設定したりしながら待っていました。

オリーブ・カーキのバックサテン生地「ベイカーパンツ」はエイジング(経年変化)の色落ちが楽しみ

でも縁というものは不思議なもんで、別件で立ち寄った上野で用事のついでに顔出したお店で発見して、迷うことなく購入しました。店員さん曰く、ちょうど昨日の夜に入荷したばかりで、XSサイズはまだ誰も足を通していないということで、これはもうボクのパンツでしょ。と勝手に運命を感じて (^^;)

ついでに季節は梅雨入りしたばかり。バックサテン生地でサラリと穿けるロングパンツで、ガンガン洗濯できるベイカーパンツはジメジメした梅雨にこそ穿きたいボトムスです。タイミングまで絶妙!親切なお店で、購入直後に最優先で丈詰めしてくれて、すぐに家に持ち帰ることができたので、穿きおろし前のベイカーパンツの様子を記録しておきます。

FOB Factory ベイカーパンツの機能と特徴

FOB Factory ベイカーパンツの機能と特徴

まずはメーカーから。FOB Factoryは日本のブランドです。ボクはあまりブランドが国内のものか海外ブランドなのかは拘りがなく、靴やデニムは海外ブランドだけど、バッグは国内ブランドだったり。そんな感じですが、以下のようなブランドコンセプトを読むとグっとくるものがあります。

岡山県の南端に位置する繊維の町、児島にて職人と一丸となって服づくりを行なうFOB FACTORY。質の良い生地、確かな縫製。そこにある丁寧さと安心感。それぞれの技術や生地の特性、そして着用する身体そのものやその生活を考えることで必然的に生まれるデザイン。FOBの服は流行り廃りではなく、いつ見てもベーシックでいつの時代でも着る事の出来る服が多い。使い捨てではなく、愛着を持って着て頂けるようなそんな服作りを目指しています。

永く愛着を持って着られるベーシックなものを。そんなコンセプトは今のボクの気持ちにピッタリと寄り添ってきます。
 
FOB Factory ベイカーパンツ 全体観 ワタリ幅

全体観はこんな感じで。他のベイカーパンツにはない、スリムでシュッとしたフォルムです。この春にベイカーパンツに興味を持って、オアスロウやガンホー、アルファのベイカーパンツなど様々試着してきましたが、その中で一番スリムで、最もボクの気持ちにフィットしたのがFOB Factoryのこのスリムなベイカーパンツでした。

FOB Factory ベイカーパンツ パッチポケット

ベイカーパンツの最大の特徴でしょうか。生地の上から縫い付けられた大きなパッチポケットです。見た目のインパクトが大きいですが、エイジングの過程でも生地とこのパッチポケットのステッチの色落ちのコントラストがアタリの美しさを際立たせてくれます。
 
FOB Factory ベイカーパンツ ウェスト アジャスター

ウェストのアジャスターもベイカーパンツの特徴です。ここのボタンを絞めることで、ベルトなしでもずり落ちてしまうことなく穿きこなすことが可能です。実際にはボクのウェストサイズだとジャストに穿くにはベルトが必要でした。が、休日にルーズに穿くにはこのアジャスターの調整のみで、ベルトなしで穿くのもOKだと思っています。
 
FOB Factory ベイカーパンツ ヒップ バックポケット

ヒップの部分です。バックポケットも上から縫い付けられたパッチポケットになっています。加えて、蓋付きのボタン付きです。ステッチはダブルステッチで、こういう細かい仕様がいちいち美しいエイジングの素になることを想像させてくれます。
 
FOB Factory ベイカーパンツ 裾 タタキ タタキ幅

さて裾の部分です。ここは拘った部分で、タタキ上げになっていますが、タタキの幅を3.5cmと広めにとっています。買うと決めてからタタキ幅を広くしたくて、当初は4cmにしようと思っていました。店員さんにそう伝えると「随分ゴツイですね」との反応が。相談の上でギリギリスマートに見えて、ロールアップにも耐えられる3.5cmに落ち着いて、実際出来上がりに満足しています。店舗で購入して、対面で相談できたからこそできた微調整です。よかったです。

運命的にFOB Factory ベイカーパンツに出会ったのは、上野の「FreePort(フリーポート)」さんで。

FOB Factory ベイカーパンツ 上野 フリーポート Freeport

とっても運命的だった出会いは上野のセレクトショップ「FreePort(フリーポート)」さんの演出によるものです。お店の入口近くにベイカーパンツが積まれていて、オリーブを手に取ったときにXSの表記が見えて、おおっとなりました。店員さんもとっても親切かつフランクで、いらっしゃいませとほぼ同時に、その日ボクが履いていたシャンボードをホメてくれました。
 

Greenさん(@sing.green)がシェアした投稿

上の写真がその日のシャンボードです。ようやく出会えた高揚感と、話しやすい店員さんの雰囲気に、テンションが上がりすぎないように自制をしながら試着して、裾上げの長さやタタキの幅の調整などをして、購入に至りました。本当にうれしい出会いでした。

FOB Factory ベイカーパンツの穿きおろし着用画像

FOB Factory ベイカーパンツ 穿きおろし コーディネート

パラブーツシャンボードのマロンと、ネイビーのフレッドペリーのポロシャツと合わせました。シュっとした表情がいい感じです。まだ未洗い状態なので、洗濯を通すと全体的に少しタイトになるのと、丈が1cmほど縮むそうです。きっとそのぐらいのほうがボクにとってはジャストです。

待ち望んで、やっと手元に届いたベイカーパンツです。大切に、でもガンガン穿いて洗濯して。自分色に染めていきたいと思います : )