Skip to content

A.P.C. Petit New Standard ファーストウォッシュ|方針変更で8日80時間ではじめての洗濯~熱湯と乾燥機で最大限に縮ませてから穿きます

1か月前、2018年2月に購入したPetit New Standard(プチニュー)を洗濯しました。当初はリジッドのままエイジングも強要せずにキレイに永く穿いていこうと考えていましたが、早々に方針転換です。

この1か月で方針変更に至った経緯と、ファーストウォッシュの方法・結果をログしておきます。

A.P.C. Petit New Standard 29|2本目のプチニューを購入。ジャストより少しゆったりめのサイズをキレイに大切に穿いていきます。

理由はリジッドで穿きこむことよりも、ジャストな丈(レングス)で穿いていきたい気持が上回ったから

デニム生地をリジッドで穿き続けてエイジングを楽しむことは限られたブランドのジーンズで、かつ新品を購入したタイミングでしかできない魅力があります。A.P.C.のジーンズはその限られたブランドのひとつで、糊つきの生地のハリ感や色合いをできるだけ永く楽しみたいと、1か月前はそう考えていました。

一方でピタピタしすぎないジャストなサイズのジーンズを、ジャストなレングスで穿きたいと。最近よく参照しているボーイズマーケットの津保さんのブログを見て感じていました。

この2つの思いは相反するもので、リジッド状態のジーンズはいずれやってくる洗濯時のレングスの縮みを考慮して眺めの丈で穿き続けなければならないという宿命があります。リジッドのまま長めのレングスで穿いていくか、ファーストウォッシュを済ませてジャストなレングスで穿いていくか、この2つの選択を天秤にかけて、今回はジャストなレングスで穿くことを選んだ故の方針転換です。

折衷案でリジッドのジーンズの裾を内側に折り込んで穿くことも考えましたが、満足できずに今回洗濯に踏み切りました。

ジャストなジーンズを着こなすには丈(レングス)が大切だ~リジッドの悩みとワンウォッシュで穿きはじめる理由がわかった

プチニューのファーストウォッシュは熱湯と乾燥機も使って。レングスの縮みは3cmでした。

ならばと思い切って縮ませてやろうと。今までの熱湯を使った糊落としに加えて、乾燥機も使ってファーストウォッシュで最大限の縮みを得ようと試みてみました。

Petit New Standard プチニュー リジッド ファーストウォッシュ前

見た目上はそんなに変化がないことを理解しつつ、ファーストウォッシュ前のリジッド状態で8日80時間穿いたプチニューの写真を残しておきます。
 
Petit New Standard プチニュー 熱湯で糊落とし

ファーストウォッシュの最初の工程はいつもと変わらず。60℃の熱湯に少量の蛍光剤無添加の液体洗剤(ここではアクロン)を混ぜて、プチニューを投入します。
 
Petit New Standard プチニュー 熱湯で糊落とし 色落ち

今回はたっぷり50分ほど、途中で取り出してひっくり返したり、折り方を変えて押し洗いしたりしながら熱湯に漬け込みました。取り出してみると湯がこんなにも濃紺になり、染料と糊がたっぷり落ちていることがうかがえます。そして、そのまま裏返しもせずに洗濯機に投入し、10分コースで洗い・すすぎ・脱水を行います。
 
Petit New Standard プチニュー 初洗濯 すすぎ 脱水後

洗い・すすぎ・脱水を終えた状態で一度取り出しました。表情はこんな感じです。糊によるツヤ感は失われた感じですが、色味の変化はそんなにありません。ここで丈の図ってみると、4cm縮んでいました。熱湯後、冷水・脱水でコットンが膨らみ、その後急激に縮んだ結果だと思います。いい感じです。この後の乾燥機であと1cm~2cm縮んでくれればジャストです。
 
Petit New Standard プチニュー 初洗濯 乾燥機後

乾燥機で1時間、カリカリに乾かした後の表情です。シワシワっとなりました。
 
Petit New Standard プチニュー 初洗濯 乾燥機後 裾

裾の様子です。裾上げはA.P.C.の直営店で切ってもらったのでシングルステッチですが、捻じれ感が出ています。ここでもう一度丈を測ってみました。縮みは3cm。。あれっ?脱水後よりも縮みが少なくなっています。1cmは誤差の範囲なので測り方によってなのかも知れませんが、乾燥機に入れることによる縮みはあまり期待できないことが分かりました。

さて。

理想のレングスまであと1cm~2cm縮ませたい。もう一度、熱湯への漬け込みと洗い・脱水をしてみます。

ファーストウォッシュ後に穿いてみると、今までのようにワンクッションせず、ロールアップしなくてもすっきり穿けるようになっていました。が、理想はあと1cm~2cm縮んだ、くるぶしがかくれるぐらいのレングスです。

このまま数日穿いてみて、また週末に時間が取れたら2度目の洗濯をしてみます。乾燥機による縮みは期待できないことが分かったので、次回は熱湯への漬け込みと洗い・脱水にします。それで理想に近づけなかった場合は、再度の丈詰めに出したいと思います。

リジッドの状態を楽しむことから、理想のレングスで永く穿いていくこと。今はこの方針転換に自分なりに納得しています。永く愛せるジーンズになりそうです。

蛇足:121日1480時間穿いて3度の洗濯をしたプチニュー 27インチの丈を詰めようと思います

今回の一連の方針転換を通して、およそ3年前に購入して121日1480時間穿いて3回洗濯したPetit New Standardの27インチの丈を詰めようと思い立ちました。

このジーンズはファーストウォッシュしてから、それでも長めに丈を詰めて穿き込んできました。3回の洗濯をしましたが、まだ裾がワンクッションするような長さです。今回の理想のレングスからすると、あと4cm丈を詰める必要があります。

めちゃめちゃタイトで、裾にワンクッションがあるとロックンロールな雰囲気で、それはそれでいい感じなのですが、こちらもすっきりジャストを目指してみたいと思います : )

A.P.C. Petit New Standard(プチニュー)121日1480時間|3回目の洗濯を決行!色落ち部分が際立つ結果になりました

A.P.C. Petit New Standard 29インチのエイジング過程は「こちら」でまとめています