Skip to content

育成苦戦中のブライドルレザーの名刺入れに、色付きのシュークリームジャーを投入した

今年の2月に手に入れたブライドルレザーの名刺入れ。ネイビーなカラーと名刺入れとしての機能性と、なによりもブライドルレザーであることに期待して、よい感じにエイジングさせるぞ!と意気揚々と使い込んできました。

が、使って3か月ほどで折り返し部分のシワやひび割れが気になって、アリニンカーフクリームを塗り込んでメンテナンスをしました。

ブライドルレザーの名刺入れを「アニリンカーフクリーム」で保革した

で、その後半年ほど使ってみて。。
 

 
遠巻きで写真を眺めると、よい感じのツヤに見えるのですが。細部を見ていくと、前回のまま悩みの種の折り返し部分のシワやひび割れが進行してしまっていることと。それからブライドルレザーが乾いてきて、安っぽいテカテカした見た目になっているような気がして、気になっています。
 

 
この不満を解消すべく、前回はアリニンカーフクリームで保革したけど、今回は色付き(ネイビー)のシュークリームジャーでメンテナンスをします。

ブライドルレザーの名刺入れを色付き(ネイビー)のシュークリームジャーでメンテナンスする

モゥブレィ シュークリームジャー ネイビー

革小物はネイビーが多いので、今回はじめてネイビーのシュークリームジャーを購入しました。レザーメンテナンス用品はアイキャッチの画像にあるように増えるばかりです (^^;)
 

 
軽く全体をブラッシングした後に、指を使ってシュークリームジャーを塗り込んでいきます。ステッチが白で、そこも軽くネイビーに染まっていきますが気にせず行きます。

モゥブレィのシュークリームジャーは若干のロウを含んでいるので、塗った直後はくぐもった印象になりあす。そこからもう一度ブラッシングして熱を入れて、全体に行きわたらせます。
 
ブライドルレザー 名刺入れ シュークリームジャー
 
ブラッシング後です。どうでしょう。実物を見ると、革に水分が入り、若干しっとりしたツヤをまとうようになりました。
 
ブライドルレザー 名刺入れ メンテナンス
 
全体観です。記事上のメンテナンス前の姿と違うような、同じような。。とはいえ気持ちはすっきりしました。育成苦戦中の名刺入れですが、また気持ちを新たに気持ちよく使い込んでいきます : )