Skip to content

梅雨前から検討していた「nanamica(ナナミカ)GORE-TEX Cruiser Jacket」を購入~決めてはコットンゴアテックスの機能性とエイジングの楽しさ

梅雨の前から検討していたお買い物でした。

ナナミカ(nanamica)の機能性ミディアムアウター「ゴアテックス クルーザージャケット」をじっくり検討を重ねて、満を持して購入しました。

秋がくるまでに欲しいアウター「ナナミカ ゴアテックス クルーザージャケット」

今年の新作が出るのを待って、代官山の直営店まで訪れて。その上で、大幅にデザインを変えてきた今年のクルーザージャケットよりも、ひとつ前のモデルのデザインの方がずっと好みだったので、ネットで探して購入しました。

nanamica(ナナミカ)GORE-TEX Cruiser Jacketのデザイン


 

前景はこんな感じです。カラーはマリンネイビーにしました。元々ネイビーのアウターが多いため、ブラックにしてみようと店頭でもブラックを羽織ってみたのですが、どうもしっくりこず。。やはりボクはネイビー好きだし、ネイビーこそどんなコーディネートにもズバっとはまるカラーであることを再認識しました。

多少思い切って買うアウターやその他のお買い物では、色の被りは気にせず。自分が一番着やすいカラーにするべきだと学習しました。

 

 

もともとアウトドアな雰囲気のアウターがほしいと思って探し始めた今回のお買い物ですが、デザインにおいて一番の“アウトドアらしさ”がハイネックな首元であると感じています。風冷たい季節や環境でも、マフラーなんかなくても首元を一番上までしっかり上げればへっちゃら。なんて活動的に着こなしていけそうです。

 

 

コットンとゴアテックスを挟んで、裏地は淡いパープル色のポリエステルです。このクルーザージャケットはビジネスの場でも着こなそうかなと考えていて、実際にそんな使い方もきっとOKなほどハリっとしていて清潔感ある面構えをしています。裏地のこの洗練された感じもそんな清潔感ある面構えの一要因です。

nanamica(ナナミカ)GORE-TEX Cruiser Jacketの生地・機能性
~コットンゴアテックスとオイルドコットンとゴム引きコットンの比較

ナナミカのゴアテックス クルーザージャケットの一番の特長は生地です。コットンゴアテックスを使ったファブリックはなかなか他では見られません。

防風・透湿という快適な着心地に加えて、ハリっとして美しい生地感を両立させるのもこのコットンゴアテックスの機能性の高さ故です。こうしたファブリックに興奮を覚えるのは、Barbour(バブアー)のオイルドコットンや、マッキントッシュのゴム引きコットンと同質です。実際にバブアーはボクのラインナップの一つにあり、マッキントッシュはナナミカの一つ手前で購入を悩んだファブリックでした。

 

 

バブアー ビデイルとナナミカ クルーザージャケットを並べてみます。どちらも風雨に強く、それでいて上品な雰囲気を持っていて。機能的でありながら、ビジネスの場でも使うことができます。そして、両者ともにエイジングを楽しみながら永く着続けることができるのも特長です。

このクルーザージャケットのエイジングの楽しみは、今回ゴアテックス クルーザージャケットの購入を決める上で大きく背中を押してくれました。それに気づかせてくれたのが以下の記事でした。

■今一番ゴアテックス使いが上手いのはナナミカだと思う。
https://chang-taka.com/nanamica/

こうした美しい退色によるエイジングはバブアーのオイルドコットンにもナナミカのコットンゴアテックスにもあって、マッキントッシュのゴム引きにはないものなのかなと。それが、以前あこがれたゴム引きではなく、コットンゴアテックスを選ぶ理由になったのでは。と自分なりに整理しました。

この似ている3つの機能性ミディアムアウターを、機能とエイジングの美しさでボクなりに順位付けすると以下になります。

ファブリックの機能性

  1. ナナミカ ゴアッテックスクルーザージャケット
  2. マッキントッシュ ゴム引きコート
  3. バブアー オイルドコットン ビデイル

ゴム引きもオイルドコットンも技術がない時代に古い先人たちの工夫の結果に生まれた機能性ファブリックです。それはとても素晴らしいものですが、やはり現代技術で生まれたゴアテックスの防風水・透湿の力にはかないません。

ファブリックのエイジングの楽しさ

  1. バブアー オイルドコットン ビデイル
  2. ナナミカ ゴアッテックスクルーザージャケット
  3. マッキントッシュ ゴム引きコート

エイジングの楽しさは「自分でオイルを塗る」という他のファブリックではありえない、手間はかかるけど最上級に自分色に染められるバブアーが一番かなと。次いで、洗濯やクリーニングを繰り返すことで、美しく退色していくゴアテックス クルーザージャケット。

マッキントッシュはクリーニングもままならないメンテナンスの手の付けられなさと、そのスタートがあまりにも洗練されていすぎていてエイジングが余計なものでしかありえない風貌がエイジングの楽しさにそぐわないなぁ。と。

ボクの場合、バブアーは2年着てこの夏にはじめてオイルのリプルーフにチャレンジしました。クルーザージャケットはワンシーズン着たら洗濯して、ゴアテックスの機能をよみがえらせつつ、エイジングを刻んで行こうと思っています : )