Skip to content

2017年9月の資産運用~日本たばこ産業を買付&ソーシャルレンディングでの運用を開始

しつこかった夏の暑さが終わると、朝夕ぐっと涼しくなりました。10月は当社の期初めになっていて、少しだけ新しい気分で過ごしています。

さて9月の資産運用の結果です。9月は日経平均が2万円を超え、2万円ラインの上で定着しています。米国ダウ平均は新値を次々と更新と、地政学的な不安が噴出した8月から大きく回復したひと月でした。

ボクのアセットアロケーションも久しぶりに変化がありました。

2017年9月のアセットアロケーション

あまり実感ありませんが、資産・評価損益が高値を更新しました。

また現金の構成比が下がり、日本国株、日本国債、G-REITの構成比が上がっています。日本国株は「日本たばこ産業(2914)」の買付によって、日本国債とG-REITはソーシャルレンディングでの運用をはじめたことによって構成比アップとなりました。

日本たばこ産業を買付

私自身がユーザーである「プルームテック」の可能性に期待して、9月5日に買付しました。PER1.6、PBR2.7、配当利回り3.8%超というタイミングでした。その後、9月は3700円あたりをうろうろといった感じで、9月の底では買えたのでは?と思っています。

いずれにせよ、高配当を享受しながら中長期でホールドする予定ですので、目先の株価には一喜一憂していません。次の決算発表でプルームテックによる好影響がどこまで出ているのか知れるのを楽しみにしています。

日本国株「日本たばこ産業(2914)」を買付~愛用する「プルームテック」のイノベーションの力を信じて

ソーシャルレンディングでの運用をスタート

高利回りに触手を動かされて、アセットアロケーションへの組み込み方も自分なりに納得ができたので、ソーシャルレンディングでの資産運用を始めました。

国内最大手の「maneo」では、日本企業のローンファンド3本に貸付して、日本国債アセットに組み入れました。

米国の不動産に貸し付ける「ガイアファンディング」では、テキサスの物件とカリフォルニアの物件に貸付して、G-REITに組み入れました。ソーシャルレンディングでは株価のように騰落に気をそがれずのんびり利回りを得ていければと思います。

ソーシャルレンディングでの資産運用を開始~アセットアロケーションにおける考え方を整理しました

とまぁ、秋は実りの季節ですが、ボクの場合はいろいろ仕込んだ一か月でした。いずれ大きく実っておいしい果実が得られますように : )


株式・投資信託は「楽天証券」で、ソーシャルレンディングは「maneo」で取引しています