Skip to content

日乃屋カレー|内幸町でカレーランチ~ウワサの最初甘くてあとに辛いカレーをはじめて食べた

朝イチからの内幸町でのアポイントを終えて11時半。ランチにはまだちょっと早いな。と思いつつ、喫茶店を探していると「日乃屋カレー」を見つけました。

夏休みかな?昼のワイドショーで訪日外国人に日本のカレーライスが人気!みたいな特集を見ていて、その時に出ていたのが日乃屋カレーでした。神田カレーグランプリで大賞を受賞。揚げたてのカツカレーが人気。日本のお母さんのカレー、最初甘くてあとから辛いカレー。なんて報道を見ていて、いつか食べてみたいなと思っていたカレー店です。

思いもよらない場所での遭遇で、お昼にはちと早い時間にも関わらず入店しました。

昼前の時間帯にも関わらず店内はほぼ満席。ちょうど一つだけ席が空いていてすべりこみます。注文はもちろん「カツカレー」。

日乃屋カレーの「カツカレー」を食べる

 
日乃屋カレーのカツカレーは全部かけ。ご飯にもカツにも上からカレーをかぶせてかけます。ボリューミーな見た目です。実際にボリューム満点で、メニューには7分盛りというご飯の量を抑えた注文方法も用意されていました。

 

 

日乃屋カレーのカレールーです。触れ込み通り最初甘くてあとから辛いカレーでした。日本のお母さんが作るドロっとしたカレー。ご飯が進むヤツです。

 

 

カツです。背景と同化してしまっていますが。。こいつがめちゃくちゃ熱々で、慎重に食べないと口の中をヤケドしてしまいます。縦横に包丁が入れられていて、ブロック状になっています。食べやすい、気配りある切り方です。

 

 

少し食べ進めた後でテーブルに備え付けの「香りスパイス」を振りかけます。辛さはほとんどなく、香ばしい香りが加えられます。隣の席の人が入念にたっぷりとかけているのを見て、真似してボクもたっぷりとかけます。おいしい。

素朴なカレーの日乃屋カレー。カツカレー以外にもチキンタルタルやらエビフライやら、トッピングも豊富で楽しそうなのでまた来ます : )