Skip to content

ステーキハウス ゲイン|上野でステーキディナー~マスターもお店も肉も筋肉質なステーキハウス

少し前ですが、取引先に連れられて上野のネオン街広小路を奥の奥へと。。

たどり着いたのが「ステーキハウス ゲイン」です。歴史と趣を感じる看板に迎えられて、狭い階段を2階へと上がります。炭焼きステーキGAINの看板の後ろに見えるピンクの看板はご愛敬。上野広小路の路地裏のいかがわしさと愛らしさを感じます。

階段を上るとこれまた歴史を感じる重厚な木戸をギギギィとこじあけると、昔ながらのステーキハウスな雰囲気です。

取引先に促されて店内を見渡すと、壁にかけられているのはマッチョなボディビルダーの写真たち。中には現役時代のシュワルツェネッガーのポージングの写真も。

なんともマッチョな雰囲気に気圧されていると、白髪の60代とおぼしきマスターを紹介いただきます。なるほど、マッチョな雰囲気。元ボディビルダーです。そんなマスターが店内奥の炭火暖炉で重厚なステーキを自ら焼き上げてくれるそうです。

マスターへのあいさつを終えて、ステーキを選び出すとN.Y.ステーキ(サーロインステーキ)をオススメいただきました。素直にしたがいます。一番大きな14ozを。4500円。

おもむろに店内奥へと向かうマスター。肉の準備を整える間にセットのサラダが出てきます。

 

 

シンプルなグリーンサラダ。3種のソースと一緒に出してくれました。

バリバリ、ワシワシと心持ちワイルドにサラダを食べ終えると、注文から15分、ステーキの登場です。

 

 

完璧なステーキ。ボリュームたっぷりです。付け合わせの野菜たちも、ふかしイモも。レモンと上にのったガーリックバターも。いい感じのこれぞステーキです。さらだと一緒に出されたソースのうち、しょう油ベースのオニオンソースをかけていただきます。

 

 

寄ってみるとこんな雰囲気。サーロインの濃厚な脂身まで余さず提供してくれます。右端のブニブニの脂と甘辛なソースが絡み合って、極上の旨みを出してくれます。

 

 

断面の様子です。肉厚感が伝わりますでしょうか。中心にほどよく赤身を残したミディアムレアに焼いてくれました。そうそう、この肉ののった銀皿もとてもいい感じです。鉄板とはまた違って、ステーキの肉感を演出してくれました。

立地も店の雰囲気も、もちろんステーキも。味わい深く、印象に残るステーキハウスでした。また来ます : )