Skip to content

2016年7月の資産運用~ポートフォリオは2ヵ月ぶりのプラ転。先進国株が回復中。

6月末のBrexitの衝撃から。ボクのポートフォリオは7月に急激な回復を見せました。選挙があり、S&P500が最高値を更新したり、日銀の追加緩和があったり。と、それなりに忙しい1か月だったと思います。

ボク自身はそれよりも、新居へ引っ越し、荷ほどきや整理。各種手続きにワチャワチャとしていて、相場の忙しさはそれほど実感がありませんでした。

そんな7月を経てのアセット・アロケーションです。

 
アセットアロケーション_160731
 

5月の急落時に恐る恐るナンピン買いした「シーゲイトテクノロジー(STX)」が順調な回復をし、見事にプラ転。全体でも先進国株高が引っ張り、2か月ぶりに評価損益がプラスに転じました。

アセット・アロケーションでは、目標を下回っている「先進国株」を、個別株の購入で補おうとタイミングを見計らっていましたが。その前に、目標を上回っている「日本国株」に妙味感じる個別株があり、、目標の乖離の促進に目をつぶって購入しました。

決算発表で株価を下げて配当利回りが5%を上回った「キヤノン(7751)」を購入

カメラは永年のEOSユーザーです。コンパクトなミラーレス「α」を買っても、EOSは手放せず。未だに登場機会もあり、よいカメラだと実感しています。なので、キヤノンはいつか買いたい銘柄でした。

円高の傾向がはじまってから軟調な株価が続いていましたが、7月末の2Qの決算発表でより一段株価を下げたところで、改めて企業分析をして「妙味あり」と判断しての買い付けです。

 
キヤノン
 

判断基準は以下の通り。

  • 配当利回りが5%超
  • 25年間減配がない
  • 配当性向も今期業績予測を鑑みて未だタコ配ではない
  • PBRが過去5年間の最低ライン
  • PERが過去5年間の平均ライン
  • 自己資本比率が相変わらずの70%超

と、安定感と割安感がしっかりと感じられました。少し心配な点は、営業利益率が低下傾向であること。ここは円高の影響も大きいと思います。円高はこれからも多少は突っ込むことがあるかもですが、中長期で見れば「今は円高」だと思っています。キヤノンの業績もそれと同評価です。

しっかりと配当をいただきながら、じっくりと保持していきます : )

Photo by Khánh Hmoong


株式・投資信託は「楽天証券」で購入しています