Skip to content

2015年9月の資産運用|ボラタリィの大きな日々が続いているけど、底で買えているからまあいいか

洪水に噴火に株安に。。なかなか落ち着かない日々が続いています。シルバーウィークがありながら、平穏に過ごせなかった9月の資産運用の状況とアセットアロケーションです。

保有している日本と米国の個別銘柄、新興国のETFの株価が急落している状況下で、日本国株・先進国株・新興国株の構成比が下がっています。

 
アセットアロケーション_151001
 

資産もしっかり下げていて、厳しい状況です。そんななかで毎月積立している投資信託は、大きく下げた日に勇気を持って購入して、8月も9月もおよそ大底で買えています。このあたり、いつか上昇したときに強力な玉になってくれることを期待しています。

それから、積立している各資産の中で、9月から「日本国債」クラスの銘柄を変更しました。これまでは「個人国債 変動10年」と「日本債券インデックスe」を積み立てていましたが、今回より「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」に集約します。

三井住友の年金専用ファンドが、圧倒的な低コストの投資信託として楽天証券で鳴り物入りでデビューしましたが、その流れに乗ってみました。日本国債クラスのアセットは「個人国債 変動10年」がやがて高金利時代が来たときにも対応できる資産として安心できるものですが、今の低金利の状況に加えて、毎日ぼんやりとでも値動きを見る楽しさがないことが腑に落ちずにいたので、これを機に投資信託に集約します。

さて10月は文字通り、実りの秋となりますように : )

Photo by stu mayhew