Skip to content

2015年8月の資産運用|静かな夏を望んでましたが激しい夏になりました

盆が明けると一気に涼しくなり、すっかり秋の装いです。9月に入るにあたり、8月の資産運用状況とアセットアロケーションをまとめます。

8月は夏休みもあったので、ゆったりと静かな夏にできるように。と先月末には考えていましたが、盆明けの17日週からはじまった連日の日経平均の下げと、24日の大暴落のせいで、気持ちが落ち着かない、ヒヤリとする激しい夏になりました。

そんな状況下での、9月頭時点のアセットアロケーションの状況です。

 
アセットアロケーション_1508
 

7月からの大きな変化は現金の減少と先物為替の増加です。24日の日経の大暴落は、その日の早朝ドル円の122円から116円への大暴落が引き金になりました。先月はじめたばかりの南アフリカランドのFXも、ドル円に大きく関係しているので、同様に大暴落。それまでもジワジワと下げていたので、ボクがFXをはじめてから11%も下げたことになりました。

FXは外貨預金のつもりでゆっくりやろう。とはじめたのもつかの間、一気に証拠金が足りなくなり慌てて予定していなかった現金をFX用に充てたのでした。その後、多少ランド高に戻しているのでゆとりが出てきました。このまま戻るようならば、上のポジションは決済して、ランドでのFXは本当にゆとりをもってやりたいと思います。


ボクが使っているオススメのFX口座


一方で、大きく下げた日本市場は買場到来と思って。ボクの好きなアウトドアブランドの「ヤマトインターナショナル」を新規に買い付けました

こんな感じで、予定のない資金の移動や株式の買い付けを行って8月は激しい夏になりました。基本はどっしりと、アセットアロケーションに沿って毎月積立ですので、9月はそんな落ち着いた秋の入り口にしたいと思っています (^^)

Photo by Mark Spurgeon