Skip to content

日本のいちばん長い日|静かな映画。でもずっと緊張しています。

戦後70年です。それから安保についてもいろいろ報道されていて。今を幸せに生きるボクらは、その時代を少しでも知っておかないとと思っています。

夏休み、時間をとって。「日本のいちばん長い日」を観てきました。戦争を終わらせるために闘う人たちの記録。悲しい闘いです。

観終えて。それはとても静かな映画でした。空襲や戦闘のシーンはほんの少し。つましい時代の日本の人たちは、感情を表に出すこともまれです。それでも、ずっと緊張して観ていました。息が詰まるやり取りと決断。

平和を想う昭和天皇の言葉が胸を刺します。そして最後の場面。日本の戦争と緊張は、こうした人たちの犠牲の基で解かれたのだと、最後にやっと深呼吸をしながら想いました。

夏休みはもう少し。戦争について本を読んで。その時代を悼みたいと思います。