Skip to content

マテル 第二四半期決算発表|EPSはコンセンサスを上回るも株価急落~がんばれ機関車トーマス!

保有している数少ない個別銘柄「マテル」の第二四半期決算が先日発表されました。

マテルはUSの玩具メーカーで直販もしています。バービー人形のブランドを持ち、ボクの7歳と5歳の子供も大好きな「機関車トーマス」や「トイ・ストーリー」の玩具も製造・販売しています。

[16日 ロイター] – 米玩具メーカーのマテルMAT.Oが16日発表した第2・四半期決算は、純損益が前年同期の2830万ドル(1株当たり0.08ドル)の黒字から、1140万ドル(同0.03ドル)の赤字に転じた。

特殊要因を除く1株損益は0.01ドルの黒字となり、アナリスト予想平均の0.04ドルの赤字を上回った。売上高は前年同期比7%減の9億8820万ドルで、アナリスト予想の9億9540万ドルに届かなかった。

「フィッシャー・プライス」ブランドの玩具の売上高が前年同期比9%増と好調だった。前年同期は17%減だった。一方、バービー人形の売上高は11%減の1億3030万ドルだった。

マテルは新たに就任したクリストファー・シンクレア最高経営責任者(CEO)の下で、事業の立て直しに取り組んでいる。第2・四半期の粗利益率は、10%近いコスト削減の達成に伴って47.9%に上昇した。

ということで。EPSはコンセンサス予想を上回ったけど、赤字決算は続き売上も予想に届かず。業績回復までの道のりは長いとのアナリストの指摘もありました。この決算を受けて、株価は6%以上下落しました。

 
マテル15年度第二四半期決算
 

マテルは13年度までよい成長を続けている優良企業でしたが、14年度に主力のバービー人形の不振の影響もあって大きく業績を悪化させ。株価も低迷が続いています。

それでも、CEOが代わり。コスト削減による体質改善を行い。EPSもアナリスト予想を2四半期連続で超えてきているのですが、、市場での評価はまだまだのようです。

 
マテル15年度第二四半期決算データ
 

とはいえ、配当利回りがよく。何より自分の子供が乳児のときに遊んでいた「フィッシャープライス」や、今でも大好きなキャラクターのオモチャを作っているメーカーなので、根気強く見守りたいと思います。

デジタルなモニター上では表現できない、アナログのオモチャが子供を笑顔にする魅力に期待してます。ボクの子供がゲームに心が遷るまでに。来年か、再来年かな?業績回復してくれることを祈ります (^^)

Photo by Timothy Wildey