Skip to content

A.P.Cのバトラープログラムに失敗しないための概要とコツ|18年前のスタンダードをプチニューに交換してきました

A.P.Cの素敵なシステム「バトラープログラム」。愛情こめて履きこんだジーンズを下取りしてくれて、新しいジーンズを半額で購入できる制度です。

そのシステムを利用して、18年前に購入したA.P.Cのスタンダードジーンズを、真新しいPetit New Standard(プチニュー)に交換してきました。なんて素敵なシステム!18年間履きこんだジーンズはこんな面構えでした。

前からの全体感

A.P.C バトラープログラムに出したジーンズの前面

前からの股間あたりのクローズアップ

A.P.C バトラープログラムに出したジーンズの股間あたり

 
ゆったり目に履いていたので、股間のヒゲはちょっと薄いかな。という評価でした。ひざのアタリもほどほど。それでも、きれいなインディゴが残っているので、ヒゲの白さがちゃんと引き立ちます。

後ろからの全体感

A.P.C バトラープログラムに出したジーンズの後面

後ろからおしりあたりのクローズアップ

A.P.C バトラープログラムに出したジーンズのおしりあたり

 
おしりの白さが目立ちます。ひざ裏のハチノスはほどほど。後ろもインディゴがちゃんと残っていたのが良かったのかなぁ。と。

実はバトラーでOKをもらうまで、3店舗を回りました。代官山店でNG、青山店でもNG、最後の原宿店でOKをもらいました。原宿アンダーグラウンド店のお兄さんの「ひきとりましょう」という一言、うれしかったなぁ。そのときのお兄さんの笑顔、かっちょよかったです (^^)

3店舗まわって、いずれも丁寧に説明してくれたのでバトラープログラムの概要がなんとなくわかりました。

  • 股下が65cm以上あること
  • 2cm以上の穴がないこと
  • きれいなインディゴを残して、適度な色落ちがあること

この3点かなと。3点目はチェックしてくれる店員さんの主観なので、ボクのように複数店舗まわって確認してもらう価値があるかと思います。

それから、引き取り対象の商品ですが、青山店では唯一、昔の型、スタンダードは対象外だと言われました。ネットでもそんな情報を見かけたのですが、代官山店、原宿店では対象だと言っていたので、昔の型を持っていく場合は代官山、もしくは原宿に行くべきですね。

裏面にイニシャルを入れて。引き渡してきました。ちょっと感慨深いです。次もよいご主人に恵まれますように。
 
A.P.C バトラープログラム
 

そんなこんなで交換してきましたが、新しいジーンズは「Petit New Standard(プチ ニュー スタンダード)」の27インチです。タイトラインのジーンズで、ピタピタのジャストサイズを選びました。

 
A.P.C Petit New Standard
 

大分パツンパツンだけど、A.P.Cのジーンズは履いているとウェストは5cmはのびるというので。

悩みつつですが、ワンウォッシュしてから丈をつめて履きこんでいこうかなと。本格的な夏が来るまでに、たくさん履けるといいな : )

これからのリジッドデニムの色落ちについては「#Petit New Standard」でまとめます