Skip to content

18年ぶりの生デニム|最初の洗濯で糊を落としてエイジングを楽しみます

ビジネスカジュアル用のデニムが欲しくて。お手軽にUNIQLOで選びました。なかなか評判がよさそうなセルビッジシリーズです。会社ではくので程よいタイトさのスリムフィットにしました。

で、カラーを選ぶのですが、何気なく色落ち加工なしのインディゴカラーにしました。そしたら、これ生デニム(ノンウォッシュの糊つき)で届くのですね。思いがけず、大学生のときに買ったA.P.Cのデニム以来の生デニムになりました。でも、こうなると燃えてくる。

最初の洗濯。糊落としから気合を入れてやろうと思いました。いろいろ調べて、以下の手順で進めます。

  1. ぬるま湯(40℃程度)に液体洗剤を加えたものに20分の漬け置き
  2. 裏返して洗濯機ですすぎを20分
  3. 洗濯機で脱水3分
  4. 裏返しのままピンと伸ばして陰干し

いやぁ。楽しくなってきます。最初に漬け置きです。

 
生デニムの洗い方~漬け置き
 

デニムを覆っているパリパリの糊を溶かすように、お湯にゆっくりと沈めて漬け置きます。

 
生デニムの洗い方~漬けおいた水
 

漬け置き後の水です。ほのかに青味がかっているでしょうか。ここではあまり色落ちは感じないです。

 
生デニムの洗い方~洗濯機
 

洗濯機に入れてすすぎます。この段階では大分デニムの色が水に溶け出してきます。色落ちを実感。

これで大分糊が落ちてはきやすくなりました。ここからは根気よく履いて、洗濯では極力色落ちしないように丁寧に洗い。自分なりの色やアタリが出るように、エイジングを楽しみます。

‐‐

さて、そんなこんなで思いがけず生デニムに触れることになり。。めっちゃ楽しいということに目覚めてしまいました。かっちょよくていい感じにタイトな生デニムが欲しい!と欲望がムクムクと湧いてきます。で、ゴールデンウィーク中にいろいろ調べてしまい。生デニムを育てるならば「nudie jeans」かなぁと。

タイトでセクシー。バージョンは「TAPE TED」か「THIN FINN」か。永くはける良いジーンズを、次は育ててみます : )