Skip to content

ダイエットはゲームだ|スマホアプリ「カロリー管理」で5ヶ月で15kgの減量+その後2年間維持してます

2年と半年前に、体重が70kg手前まできて。さすがにドキリとして、本気の減量にチャレンジしました。

それまでも、サプリメントやランニング、ダイエット器具の利用などなどトライしましたが長続きせず。。が、今回はスマホアプリの「カロリー管理(痩せるアプリ)」を使って、2012年11月のスタートから、2013年4月までの5ヶ月間で約15kgの減量に成功し、その後2年間維持し続けています。

 
体重とカロリーの変遷
 

成功して、維持し続けられている理由は「ゲーム性」にあると感じています。毎日、摂取カロリーと体重(と体脂肪率)を記録していると気づきます。ちゃんとカロリーを目標以内に収められれば、体重が減っていきます。もしくは増えることはありません。体重ばかりを見ていると気づかないのですが、その上下の理由がカロリーで可視化されると満足感や達成感を感じます。この2つの数字がパラレルしてくる感覚もゲームに似ています。

加えて、カロリーの抑え方。カロリー管理は、食材や料理に加えて、チェーンの飲食店やコンビニの商品のカロリーも豊富にデータベース化されています。カロリーを調べるのも、登録・管理するのもとても簡単でストレスを感じません。そんなカロリーとにらめっこしながら、今日摂取できるカロリーを朝・昼・晩のメニューで調整していく。このカロリーを調整して、食べるものを組み合わせていく感覚もゲームに似ています。

私は体重を減らすダイエット期は、一日平均1700kcalで抑えていました。維持している今は2000kcalです。たとえば今、ちょっと太ってしまっても一日の食事から300kcalを意識して減らしていければまた減量できる。と考えられると、ゆとりが生まれます。一日の摂取カロリーは厳密に考えることなく、もしオーバーしてしまった日があれば、翌日にその分を抑える。そんな感覚でOKです。往々にして、体重もそれに沿って上下するので、また面白いです。

朝・昼・晩の3食で考えてもいろいろ調整ができます。私は朝は家族としっかり朝食を食べます。大体400kcal~500kcalです。夜は仕事柄飲み会が多いので、そんなときは昼は400kcal程度に抑えます(コンビニのおにぎりと、カップヌードルライトでこのぐらい)。そうすれば、飲み会で1000kcal採っても大丈夫。逆に夜の飲み会がないときは、昼に大好きなから揚げ定食やラーメン二郎を食べたって大丈夫。カロリー管理は憂鬱になりがちですが、バランスを考えつつ、自分の好きなものがいつ食べられるかと考えば逆に楽しくなります。

あきもせず、2年以上カロリー管理に体重とカロリーを登録し続けていますが、カロリーを抑えた分だけ体重に返ってくるといった連動性がゲームみたいで続けられているのだと思います。

最後に私がカロリー調整のためにお世話になっている食品を貼っておきます。どれもオススメです (^^)

 
■夜飲み会がある日のランチはこれにお世話になること最頻です。

 
■小腹満たしにも、お酒のつまみにも。味が濃くて硬くておいしいです。

 
■夜、小腹がすいたときに。たくさん咀嚼して食べると大豆の甘さが染み出ます。

 
■家飲みのおつまみ。グリーンオリーブのピメント入りがオススメです。外食でもオリーブと生ハムがあればそればかり食べています。

 
■これで満腹感が出るのかわかりませんが。。炭酸水をよく飲んでいます。

Photo by Peter Trimming