Skip to content

ASIAN KUNG-FU GENERATION|フジロック06.Report

初のグリーンステージに乗り込んで、迎えるはエモーショナルなリリックとサウンドをコントロールして、バランス良く演ずるロックンロールバンド。

ASIAN KUNG-FU GENERATION!

■2006年7月28日(Fri)15:50
□ASIAN KUNG-FU GENERATION
■at GREENSTAGE

グリーンステージは気持ちが昂ぶる。
大きなステージ。圧倒的なPA。振り向けば深緑の山々。

フジのメインのステージで「やるぞ!」というアーティストの気合と、
グリーンで「観る!」というオーディエンスの気合が溶け合う。

Next UP!

と巨大なモニターが映し出す度にあがる歓声。
やはり。抗うことなどできず、昂ぶる気持ち。

黄色い声援に迎えられて彼らが現れる。

昂ぶる気持ちを抑えて、自分のパート、ポジションにつく。
無造作にかき鳴らされる最初の一音。

センスレス。

フェスの雰囲気に呑まれて熱くなりがちなライブアクトを、彼ららしくコントロールする最初の1曲。

見せかけのセンスレス
温度感も何もない

うーん。クール : )

MCも少なめに、でもこれがアジカンワールドなんだろうな。
と納得させられる楽曲が続く。進む。

初日ということもあり、なんかフワフワとグラグラと揺れ動いていたような会場と、オーディエンスのバランスが整えられていく。クリアになっていく音や、研ぎ澄まされる照明と緑。確かにアジカンが作った、整えたこの大きなステージ。
だけど、こんなMCでふと気付かされる。

  ボクらはこのフジロックのルーキーステージから始まりました。
  それから、レッドマーキー。
  そうして、今年、グリーンで演ることができました。
  ありがとう。

 

あぁ。彼らはいわば「フジロックドリーム」の体現者なんだ。
バランスよく演ずるその心の中には、きっと熱い思いが込み上げているんだぁ。
ってね。

もう少しさらけ出してもいいよ。
だってここは苗場だし、山の中だし、野外だし!!

そういえば、去年のサマソニのゴッチのMCはかわいかった。

  ボクは、こう見えても野球少年だったんだ。
  一度もレギュラーは取れなかったけど。そんなボクが唄ってる。
  夢見た野球場で、千葉マリンスタジアムで!
  それは、野球少年が次に憧れた夢。
  偉大なるロックバンドoasisと同じステージで!

照れくさいかもしれないけど、こんなハートフルなMCの方がなんか伝わってきた。

クールにコントロールされ、バランスと整えるサウンドに、
ウェットなMC。

そんな彼らであってほしいな。
せめて野外フェスでは。

でも楽しかったよ。ありがとう。