Skip to content

人は、判断する度に疲れる生物です。

キュレーション系ニュースサイトがたくさん立ち上がりましたが、こういう視点で見るとまたそれぞれの特徴が浮き出てきます。

 

ニュースアプリ12選!をUXの観点でまとめてみた
http://www.sekai-lab.com/times/?p=896

 

記事の中では、ニュースアプリのレイアウトを「リスト」「タイル」「ボックス」の3つに分類して解説しています。情報が一番重要なニュースアプリで、見た目の大切さを以下のように説明しています。

ニュースアプリを選ぶ際に重要視するのはもちろん「情報」ですが、「見た目の美しさ」や「使いやすさ」を侮ってはいけません。これらはニュースアプリを使っている際の「疲労度」に影響します。

なぜでしょう?それは、人は判断する度に疲れるからです。記事一覧で記事の情報を収集し、「この記事は私が読むべき記事なのか?」と1記事ごとに私たちは判断し、その度に疲れています。記事の量が多ければ多いほど疲れてしまうなら、せめて情報を収集するときには疲れたくないですよね?でも、どんな記事一覧の表示が疲れないかは、人によって違うのです。

忙しいビジネスマンや、目が疲れやすい人におすすめの「リスト形式」では、Yahoo!ニュースや、Gunosyが挙げられています。

一目でたくさんの記事を見たい人、画像から記事に興味を持つ人におすすめの「タイル形式」では、SmartNewsが。SNSをよく使う人、ゆっくりとニュースを楽しみたい人におすすめの「ボックス形式」では、NEWS PICK、Antennaが挙げられていました。

こうして見てみると、レイアウトの作り方だけでもターゲットユーザーが透けて見えてきます。情報+情報の見せ方、大切ですね。

Photo by greg westfall